ドラムの話

【ドラム】アイコンタクトをして演奏の精度を上げよう

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

突然ですが、ライブをするとき、どこを見てドラムを叩いてますか?

譜面?スネアドラム?手元?

 

そんなあなたに読んでいただきたい記事になっています。

参考になれば幸いです。

 

アイコンタクトを意識しよう

 

タイトルにもありますが、アイコンタクトをしましょう。

そうです、メンバーの目を見て演奏します。

 

最初は恥ずかしいかもしれませんが、すぐに慣れちゃいます。

 

・何でアイコンタクトが必要なの?

・演奏と関係あるの?

 

いくつかメリットを挙げていきますね

 

 

演奏に一体感が生まれる

 

音楽は耳で感じ楽しむものですが、ライブになるとそれだけで成立させるのはなかなか難しいです。

 

折角同じステージで演奏してるんだから、目を見て一体感を演出しましょう。よりまとまった演奏にはアイコンタクトが必須です。

 

アイコンタクトはパフォーマンスとしてだけの効果があると思われがちですが、実は演奏にも大きく関わってきます。

 

どんなとき?

キメを合わせるとき

曲をスタートするとき

曲が終わるとき

 

こういった状況でお互いがしっかりアイコンタクト出来ていると、バッチリタイミングが合う演奏が出来ます。

 

事故に対応できる

 

ライブには不測の事態というものがあります。

 

ボーカルがマイクを落としたとき、ギターのシールドが抜けたとき、ベースがピックを落としたときetc・・・。

ライブは生演奏なので、いくら気を付けていてもこういった事故が付きまといます。

 

そんな時にドラムがしっかりメンバーを見ていると、機転を利かせてフィルインを入れたり、曲の尺を意図的に伸ばしたりしてミスをフォローできます。

 

事故というものはとっさに起こる事なので、いきなり対応しろというのは難しいですが、事故に気付くか気付かないかだけでも大きな違いになりますので、積極的に目を配っておきましょう。

 

より演奏が耳に入る

 

不思議な事に、メンバーを見ている時の方が演奏が聞こえやすくなります。

これは、見ている方向に意識が向いているからだと考えています。

 

特に大所帯のバンドになってくると、全ての音を聞くのは難しくなってくるので、聞こえないと思ったらガン見しましょう。

 

僕は過去にビッグバンドで演奏していたのですが、距離の関係でサックスがあまり聞こえていませんでした。

「一緒に演奏してるのに聞こえていないのはドラマー失格!」と思ってずーーーーっとサックスを見続けて演奏していると、段々聞こえるようになってきました。

 

このように最初は聞こえてなくても、目と耳を駆使して演奏に臨むと大きな収穫が得られます。

 

まずは顔を上げてみよう

 

アイコンタクトをしたことがない人は

 

・ミスしたくないしなぁ

・なんか恥ずかしい

 

こんな考えになっている方が多いです。

 

やったことがないから自分には無理だ・・・。そう思ってしまう場合、アイコンタクトをガッチガチにやろうとせずに、まずは顔を上げてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

いつもと違った景色が見られて楽しいですよ。

 

それに、下や横だけしか向かないドラマーよりも、前を向いたりメンバーと目で会話しているドラマーの方が格好良く映ります。

 

 

アイコンタクトをしながら叩く事で、思ったよりも自分の演奏にくぎ付けにならなくても大丈夫なことに気付くはずです。

 

まずは騙されたと思って試してみてください。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの練習

2022/8/13

【ドラム】シャッフルの叩き方、考え方を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   みなさんはシャッフルというリズムをご存知でしょうか?   聞いたことはあるけどよくわかんないな シャッフル?シェイクじゃなくて?   今回はそんなシャッフルについて紹介します。   参考になれば幸いです。     目次1 シャッフルとは?1.1 シャッフルのリズム2 シャッフルを叩こう2.1 足をシャッフルに2.1.1 ドーンターンドッドターン2.1.2 ドーンターンツ ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/8/7

【ドラム】曲の締め方を紹介します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ライブしてると、曲の締め方に困るという相談を受けます。 全部同じにしたら何かカッコ悪い、でもバリエーションが思い浮かばない。   レッスンでもよく聞かれます。   曲の締め方がわからないよ   適当に連打したら良いんですよ   その適当がわかんない   ごめんなさい   ということで、いくつか叩いてみました。 これからライブする方の参考になれば幸いです。 &n ...

ReadMore

ドラムの話

2022/7/16

【ドラム】スティックを使い分けるという考え方

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラマーってスティックにこだわりがあると思うんですよね。 直接触れずに演奏するわけですから、当然だと思います。   「こいつが相棒」と言わんばかりに同じスティックを使い続けている人も少なくはないはずです。     ところが僕の場合、過去にバンドを幾つか掛け持ちしていることもあり、多ジャンルを同時進行していたことがあります。 その関係で、スティックを複数使い分けていました。   これが結構良い効 ...

ReadMore

ドラムの話

2022/7/7

【ドラム】ZildjianのKeropeシンバル音良いゾ【ジャズ】

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 みなさん、ジャズ好きですか? 僕は大好きです。 特に1950年代のハードバップと呼ばれる時代を特に好んで聴いています。 よく↓をガッツリ聞いていました。   リンク   リンク   リンク   ありがたいことに、ご縁があってビッグバンドやジャズセッションのホストを過去にさせていただきました。   お陰様で少しだけジャズの輪郭が見えてきたような気がします。   「本物を演奏したいなら音から ...

ReadMore

音楽雑記

2022/6/19

【音楽】反対意見・批判に関する話

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ライブをした時や演奏動画をSNSに上げた時、何かしらコメントをもらったりすることがあります。   ライブならライブハウスの人や見に来てくれたお客さん、演奏動画なら不特定多数の人から言われたりしますよね。   良かったよ! また見たいな! 次何かするなら教えてよ!   こんな事を言われると嬉しくなりますね。   頑張りが報われたな、やって良かったなと感じる瞬間です。 それと同時に、 ...

ReadMore

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

植村慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの話
-,

© 2022 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5