ドラムの話

【ドラム】アイコンタクトをして演奏の精度を上げよう

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

突然ですが、ライブをするとき、どこを見てドラムを叩いてますか?

譜面?スネアドラム?手元?

 

そんなあなたに読んでいただきたい記事になっています。

参考になれば幸いです。

 

アイコンタクトを意識しよう

 

タイトルにもありますが、アイコンタクトをしましょう。

そうです、メンバーの目を見て演奏します。

 

最初は恥ずかしいかもしれませんが、すぐに慣れちゃいます。

 

・何でアイコンタクトが必要なの?

・演奏と関係あるの?

 

いくつかメリットを挙げていきますね

 

 

演奏に一体感が生まれる

 

音楽は耳で感じ楽しむものですが、ライブになるとそれだけで成立させるのはなかなか難しいです。

 

折角同じステージで演奏してるんだから、目を見て一体感を演出しましょう。よりまとまった演奏にはアイコンタクトが必須です。

 

アイコンタクトはパフォーマンスとしてだけの効果があると思われがちですが、実は演奏にも大きく関わってきます。

 

どんなとき?

キメを合わせるとき

曲をスタートするとき

曲が終わるとき

 

こういった状況でお互いがしっかりアイコンタクト出来ていると、バッチリタイミングが合う演奏が出来ます。

 

事故に対応できる

 

ライブには不測の事態というものがあります。

 

ボーカルがマイクを落としたとき、ギターのシールドが抜けたとき、ベースがピックを落としたときetc・・・。

ライブは生演奏なので、いくら気を付けていてもこういった事故が付きまといます。

 

そんな時にドラムがしっかりメンバーを見ていると、機転を利かせてフィルインを入れたり、曲の尺を意図的に伸ばしたりしてミスをフォローできます。

 

事故というものはとっさに起こる事なので、いきなり対応しろというのは難しいですが、事故に気付くか気付かないかだけでも大きな違いになりますので、積極的に目を配っておきましょう。

 

より演奏が耳に入る

 

不思議な事に、メンバーを見ている時の方が演奏が聞こえやすくなります。

これは、見ている方向に意識が向いているからだと考えています。

 

特に大所帯のバンドになってくると、全ての音を聞くのは難しくなってくるので、聞こえないと思ったらガン見しましょう。

 

僕は過去にビッグバンドで演奏していたのですが、距離の関係でサックスがあまり聞こえていませんでした。

「一緒に演奏してるのに聞こえていないのはドラマー失格!」と思ってずーーーーっとサックスを見続けて演奏していると、段々聞こえるようになってきました。

 

このように最初は聞こえてなくても、目と耳を駆使して演奏に臨むと大きな収穫が得られます。

 

まずは顔を上げてみよう

 

アイコンタクトをしたことがない人は

 

・ミスしたくないしなぁ

・なんか恥ずかしい

 

こんな考えになっている方が多いです。

 

やったことがないから自分には無理だ・・・。そう思ってしまう場合、アイコンタクトをガッチガチにやろうとせずに、まずは顔を上げてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

いつもと違った景色が見られて楽しいですよ。

 

それに、下や横だけしか向かないドラマーよりも、前を向いたりメンバーと目で会話しているドラマーの方が格好良く映ります。

 

 

アイコンタクトをしながら叩く事で、思ったよりも自分の演奏にくぎ付けにならなくても大丈夫なことに気付くはずです。

 

まずは騙されたと思って試してみてください。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの練習 ドラムの話

2021/10/17

【ドラム】リズムパターンを叩く時の腕の動きについて【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   以前、リズムパターンを叩く際の音量バランスについて言及しました。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】リズムパターンの音量バランスってどうすればいいの?【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/volume-balanceこんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 ドラムを叩いていてこんなことありませんか? ・ドラムがうるさいと ...

ReadMore

ドラムの話

2021/9/10

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。   何それ?という方はこちらをご覧ください。 関西ドラマーの音楽日記【ドラム】ハイハットオープンの練習法【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/hhop こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 今回はハイハットオープンの奏法について紹介します。普段あまり使用し ...

ReadMore

その他の雑記

2021/8/6

夏は例え男でもおっさんでも日傘を使うべきだと思います

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     夏、来ましたね。   昔は小麦色の肌が健康の証!なんて言われていて、スポーツ焼けという言葉を耳にしたものです。(今も言ってんのかな) 僕の実家は山しかないド田舎だったので、涼しい風を浴びながら散歩したりなんかしていました。   家では何故かエアコン使用禁止だったので、扇風機で夏を凌いでいたものです。     目次1 暑くね?2 もうさ、日傘使いましょうよ2.1 女性 ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/8/1

【ドラム】パラディドルの練習法を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの教則本を買って読んでいると高確率で載っている練習、それがパラディドルです。   こんな練習何の意味があるの? とお思いの初心者さんは多いと思います。 僕もその中の一人でした。   ですが、後にかなり大切な練習だと実感し、今でも練習しておきたい内容だと思っています。   ということで今回は パラディドルとは? パラディドルの練習内容 パラディドルを練習する意味   を紹介し ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/7/18

【ドラム】リズムパターンを使ったダブルキックの練習法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回はタイトルのとおり、リズムパターンを用いたダブルキックの方法を紹介します。   フィルインのように使う時の練習方法は違う記事で紹介していますので、気になったら下記をご覧ください。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】全身を使ってダブルキックの練習をしようhttps://www.kansaidrummermusiclife.com/double-kick こんにちは、慎太郎(@shint ...

ReadMore

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの話
-,

© 2021 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5