ドラムの話

【ドラム】スティックを交換するタイミングについて

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

スティックっていつ交換すればいいの?

 

レッスンしているとこんな質問をよくいただきます。

確かに、スティックって明確な交換時期がないので、いつまでも使い続けてしまいますよね。

 

そこで、今回はスティックを交換するタイミングを大きく2つに分けて解説します。

これを機に、自分のスティックは大丈夫なのか確認しておきましょう。

 

参考になれば幸いです。

スティックの損傷

 

スティックが折れた場合

これは当然ですね。言うまでもありません。

 

一応紹介しますが、ガッツリ折れるとこのようになります。

こうなったら「今までお疲れ様」と一言添えて手放しましょう。

 

 

それに対して、ハイハットを叩いて少し細くなったぐらいなら、まだまだ使えます。

少し見にくいですが、このような状態です。

 

シンバル類を叩き続けて、目に見えるぐらい細くなったら買い替えましょう。

 

 

チップが欠けた場合

 

スティックの先端のチップ部分が欠けても交換するべきです。

損傷としては軽微ですが、デメリットが多いので甘く見てはいけません。

 

チップが欠けると

シンバルの音が悪くなる

打面を傷つけやすくなる

叩き心地が悪くなる

 

こういったことが起こり、練習効率が悪くなります。

練習が終わった時にチップの状態を確認しておきましょう。

 

 

長い期間使い続ける

 

スティックは木製のものがほとんどです。

 

長時間使っていると、手汗を吸ってスティックが重くなります。

ここ数か月スティックを交換していないなら、スティックが手汗で黒く変色しているはずです。

 

そういった状態になると、汗を吸った分スティック本来の鳴りが損なわれてしまいます。

つまり良い音が鳴らないという事ですね。

 

厄介なのが、時間をかけて汗を吸うので使っている本人は気付かない点です。

新品のスティックを持つと、その軽さに驚きます。

 

対策

 

いつの間にかスティックの状態が悪くなっていた!という事態を避けるためにも、出来ることはやっておきましょう。

 

新品のスティックを常備しておく

 

家に使わない新品のスティックを置いておきます。

毎日チェックする必要はありませんが、ふとした時に比べてみると、違いが見えてきて交換するタイミングが把握できます。

 

常備することで、スティックが折れてしまっても、急いで買いに行かなくても良いのも利点です。

 

交換時期を決めておく

 

人によってドラムを叩く時間は様々です。

毎日練習する人と週に1回練習する人では、スティックの劣化スピードは当然違います。

 

毎日練習するなら2週間に1回、週に1回練習するなら2,3か月に1回交換というように、ルールを決めておきましょう。

 

 

スティックも楽器

 

僕の友人に、2年間スティックを交換していない猛者が居ました。

そのスティックは、もちろん綺麗な状態のはずもなく、どす黒く変色し、チップは削れ過ぎて逆に丸くなっていました。(2年間折らなかったのはすごいことですが・・・)

 

演奏を聞くと、「そのシンバル、そんなに音悪かったっけ?」と、首をかしげてしまう程に音が悪かったのです。

その後、一緒に新しいスティックを買って再度演奏。友人は音の違いに感動していました。

 

極端な例ではありますが、スティックを使い続けるのはあまり良い影響が無い、という話です。

 

 

音を出すからには、ドラムセットや自分のテクニックだけではなく、スティックなどの細部にも気を配りましょう。

スティックも立派な楽器です。

 

音楽をするからには、あなたの出す音が名刺代わりになります。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

※関連記事

 

 

ドラムの練習 ドラムの話

2021/10/17

【ドラム】リズムパターンを叩く時の腕の動きについて【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   以前、リズムパターンを叩く際の音量バランスについて言及しました。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】リズムパターンの音量バランスってどうすればいいの?【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/volume-balanceこんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 ドラムを叩いていてこんなことありませんか? ・ドラムがうるさいと ...

ReadMore

ドラムの話

2021/9/10

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。   何それ?という方はこちらをご覧ください。 関西ドラマーの音楽日記【ドラム】ハイハットオープンの練習法【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/hhop こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 今回はハイハットオープンの奏法について紹介します。普段あまり使用し ...

ReadMore

その他の雑記

2021/8/6

夏は例え男でもおっさんでも日傘を使うべきだと思います

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     夏、来ましたね。   昔は小麦色の肌が健康の証!なんて言われていて、スポーツ焼けという言葉を耳にしたものです。(今も言ってんのかな) 僕の実家は山しかないド田舎だったので、涼しい風を浴びながら散歩したりなんかしていました。   家では何故かエアコン使用禁止だったので、扇風機で夏を凌いでいたものです。     目次1 暑くね?2 もうさ、日傘使いましょうよ2.1 女性 ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/8/1

【ドラム】パラディドルの練習法を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの教則本を買って読んでいると高確率で載っている練習、それがパラディドルです。   こんな練習何の意味があるの? とお思いの初心者さんは多いと思います。 僕もその中の一人でした。   ですが、後にかなり大切な練習だと実感し、今でも練習しておきたい内容だと思っています。   ということで今回は パラディドルとは? パラディドルの練習内容 パラディドルを練習する意味   を紹介し ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/7/18

【ドラム】リズムパターンを使ったダブルキックの練習法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回はタイトルのとおり、リズムパターンを用いたダブルキックの方法を紹介します。   フィルインのように使う時の練習方法は違う記事で紹介していますので、気になったら下記をご覧ください。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】全身を使ってダブルキックの練習をしようhttps://www.kansaidrummermusiclife.com/double-kick こんにちは、慎太郎(@shint ...

ReadMore

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの話
-,

© 2021 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5