ドラムの練習

【ドラム】全身を使ってダブルキックの練習をしよう

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

ダブルキック、ドラマーの憧れですよね。

初めて見たとき、「これどうやってんの?」と驚いたのを覚えています。

という事で今回は、僕が実際に効果があると感じたダブルキックの練習方法を紹介します。

 

足だけではなく、全身を鍛えるのに物凄く良い練習になっています。

体のバランスを整えることも出来る練習になっているので、フィルインを叩くとリズムが崩れてしまう人もぜひやってみてください。

 

 

練習方法

 

いたってシンプルです。

 

内容

手2発、足2発の計4発を使用

足がダブルになる組み合わせで叩く

これだけです。

 

4種類紹介しますので、気になったものから手を出してみてください。

 

手手足足(タタドド)

 

 

右手+左手+足+足の組み合わせです。

フィルインでもよく耳にしますね。

 

 

足足手手(ドドタタ)

 

 

足+足+右手+左手の組み合わせです。

足をしっかり踏んでリズムが崩れないようにしましょう。

 

 

足手手足(ドタタド)

 

 

足+左手+右手+足の組み合わせです。

左手から叩き始めるので、注意してください。

 

 

手足足手(タドドタ)

 

 

右手+足+足+左手の組み合わせです。

叩きにくいですが、クロススティッキングの練習にもなります。

 

 

練習における注意点

 

叩くだけでも効果がある練習ですが、ここで気を付けておく点を挙げておきます。

 

足首を使わない

 

「ダブルキック=速く2連打する」という考え方になってしまいがちですが、その考え方にとらわれると、足首を多用してしまいます。

足首を使いすぎると、音量がしっかり出ない、リズムがヨレやすい等良い演奏に近づけなくなります。

 

足首はなるべく固定して、ヒザが動いていることを確認しながら練習してください。

そうすることによって、体全体を使ってバスドラムを踏む感覚が得られます。

 

 

遅いテンポから練習する

 

こういった練習は、どうしてもスピードを上げて練習したくなります。

ですがいきなり速いテンポで練習してしまうと、ぎこちない動きになって実際の演奏で使えるレベルまで到達できません。

 

上記の練習動画よりも遅いテンポでも良いので、まずはストレスなく叩ける速さから始めてください。

 

 

音がつながっている意識で叩く

 

手足の組み合わせの練習すべてに言えることですが、手も足も同じリズムの上に成り立っていることを強く意識してください。

 

最初の内は、どうしても「タタッドドッ」と音が詰まってしまいます。

それ自体は仕方がないことなので、音詰まりを無くすイメージで練習しましょう。

 

コツは、全ての音を大きくすることです。

大きい音で練習を重ねると、脱力する方法が分かり、リズムをとらえやすくなります。

 

地道に練習しよう

 

足は脳みそから1番遠いから不器用なんだ、と聞いたことがあります。

確かにその通りで、この練習を続けているにも関わらず、ダブルキックが難なく踏めるようになるまで少し時間がかかりました。

 

一朝一夕で上手くいくかと言えばウソになりますが、こうした足に特化したしんどい練習は、後に良い形で自分に返ってきます。

諦めずにじっくり取り組んでみてください。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの練習 ドラムの話

2021/10/17

【ドラム】リズムパターンを叩く時の腕の動きについて【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   以前、リズムパターンを叩く際の音量バランスについて言及しました。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】リズムパターンの音量バランスってどうすればいいの?【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/volume-balanceこんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 ドラムを叩いていてこんなことありませんか? ・ドラムがうるさいと ...

ReadMore

ドラムの話

2021/9/10

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。   何それ?という方はこちらをご覧ください。 関西ドラマーの音楽日記【ドラム】ハイハットオープンの練習法【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/hhop こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 今回はハイハットオープンの奏法について紹介します。普段あまり使用し ...

ReadMore

その他の雑記

2021/8/6

夏は例え男でもおっさんでも日傘を使うべきだと思います

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     夏、来ましたね。   昔は小麦色の肌が健康の証!なんて言われていて、スポーツ焼けという言葉を耳にしたものです。(今も言ってんのかな) 僕の実家は山しかないド田舎だったので、涼しい風を浴びながら散歩したりなんかしていました。   家では何故かエアコン使用禁止だったので、扇風機で夏を凌いでいたものです。     目次1 暑くね?2 もうさ、日傘使いましょうよ2.1 女性 ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/8/1

【ドラム】パラディドルの練習法を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの教則本を買って読んでいると高確率で載っている練習、それがパラディドルです。   こんな練習何の意味があるの? とお思いの初心者さんは多いと思います。 僕もその中の一人でした。   ですが、後にかなり大切な練習だと実感し、今でも練習しておきたい内容だと思っています。   ということで今回は パラディドルとは? パラディドルの練習内容 パラディドルを練習する意味   を紹介し ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/7/18

【ドラム】リズムパターンを使ったダブルキックの練習法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回はタイトルのとおり、リズムパターンを用いたダブルキックの方法を紹介します。   フィルインのように使う時の練習方法は違う記事で紹介していますので、気になったら下記をご覧ください。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】全身を使ってダブルキックの練習をしようhttps://www.kansaidrummermusiclife.com/double-kick こんにちは、慎太郎(@shint ...

ReadMore

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの練習
-,

© 2021 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5