ドラムの練習

【ドラム】フラムを叩いてみよう【初心者】

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

今回は、ルーディメンツの1つであるフラムを紹介します。

 

フィルインでよく使っている印象ですが、身につくと大きな武器になりますので、是非覚えていただきたい内容になっています。

 

フラムを叩く上でのコツや注意点、練習方法も紹介しますので、是非読んでください。

 

 

フラムって何?

 

フラムとは、1振りで2発鳴らす両手打ちのテクニックのことを言います。

 

どういうこと?な方はこちらをご覧ください。

 

 

こうやって叩く事で、他の音符よりも存在感を出すことができます。

 

同時に叩くのではなく、ちょっとだけズラして叩きます。タランッと鳴ると正解です。

 

ズラすぞ!と意識しすぎると、変に間隔が開きすぎて格好悪くなります。

 

 

タタンッと鳴ってしまってダサくなってますね。

こうならないように気をつけましょう。

 

 

フラムを譜面で見てみよう

 

突然ですがこのフラム、譜面で表すとこうなります。

 

 

右側の音符はいつも見る音符ですね。実音という名前がついています。

 

左側の変わった形の音符は装飾音といいます。その名の通り、実音のおまけです。

手順は小文字で表すことが多いです。

 

この装飾音と実音を組み合わせて演奏していきます。

 

譜面の通り、装飾音を先に叩いてから実音を叩きます。

手順は左右、右左のどちらも叩ける様にしたいですね。

 

 

フラムのコツは高低差

 

このフラムですが、よくこういった悩みを耳にします。

 

フラムの音の間隔を一定にできない

装飾音を先に叩いている気がする

 

そんな方でも、簡単に綺麗なフラムが叩ける方法があります。

 

その方法とは、両手の高低差を意識することです。

 

まずは、右手を高い位置、左手を低い位置で構えます。

 

 

そしてこのまま、同じスピードで振り下ろします。

ズラすとかそんな事は気にせずに、同時に叩きます。

 

 

すると、変な間隔が開かず、装飾音を必ず先に叩けて、綺麗なフラムを叩くことができます。

 

ライブでよく見るフラムは、曲の勢いも相まって左右同じ高さから振り下ろす事が多いかと思いますが、まずは高低差を利用したフラムから練習すると、綺麗に叩けるようになります。

 

フラムを使った練習

 

それでは、このフラムを利用した練習方法を紹介します。

 

フラム関連の練習方法は数多くありますが、その中でもこれはやっておくべきだなという4つを選びましたので、是非叩いてみてください。

 

フラムタップ

 

 

 

 

フラムエクササイズのなかでも、オーソドックスなものになっています。

 

フラムエクササイズを叩くとき、装飾音を気にしすぎて手順がわからなくなる事が多いです。

そんな時は、実音の手順を再確認してみてください。

 

フラムタップの場合は、「RRLL」となっています。この手順を念頭に置きながらフラムを作るイメージで叩いてみてください。

何度も言いますが、装飾音は、あくまで実音のおまけです。

 

フラムアクセント

 

 

 

 

個人的に1番重要なフラムエクササイズだと思っています。

 

3連符とアクセントが組み合わさるので、なかなか難易度が高いように思います。

 

音量に気をつけて練習しましょう。

 

アクセントって何?な方はこちら

 

 

フラムパラディドル

 

 

 

 

その名の通り、フラム+パラディドルです。

 

パラディドルでのダブルと、フラムを両立しなければいけないので、慌てず遅いテンポから始めてください。

 

今回は1つだけ紹介しましたが、他の種類のパラディドルにもフラムを付ける事ができます。

余裕があれば、全種類挑戦してみましょう。

 

パラディドルについてはこちら

 

スイスアーミートリプレッツ

 

 

 

 

軍隊の匂いがプンプンする名前ですね。

 

フラムアクセントと似ているように見えますが、実際にやってみると似て非なるものと気付きます。

不規則な手順となりますので、まずは手順に慣れるところから始めてください。

 

こういった難解なフレーズを練習することで、スティックコントロール能力の質が向上します。

 

諦めずに頑張ってください。

 

いずれのエクササイズも、動画では解説の意味も込めてゆっくり叩いていますが、慣れたらどんどんスピードアップしていってください。

 

さいごに

 

学生時代、著名なドラマーの教則DVDをよく見ていたのですが、どんな人も「フラムはとても重要だ」と力説していました。

 

あまり意味が分からなかった頃はふーんと流していましたが、フラムを綺麗に鳴らす操作精度、素早くフラムを叩くレスポンスの速さ、フラムを絡めたフレーズを考案する発想力。

こういった能力が、普段の演奏に活かせていることに気付きました。

 

フラムができるようになる事で、更に派生したルーディメンツ(スティックコントロール)に挑戦する事ができます。

 

一緒に頑張りましょう!

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの話

2022/5/18

【ドラム】演奏動画はファンタジー【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   楽器を練習するうえで、演奏動画を見ることはとても大切なことです。   特にドラムは、体の動きが音に反映されることもあるので、時には「聴く」よりも「見る」ことが重要になったりします。   僕が学生の頃は、好きなアーティストのライブDVDを見てたまーに映るドラマーの動きを丸々真似していました。 そんなDVDも今やYouTubeで無料で見られる時代。 嬉しいような、悲しいような。   &nbsp ...

ReadMore

音楽雑記 ドラムの話

2022/3/20

【iPad】楽器のレッスンや練習で使えるアプリを紹介します

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     iPad買いました。(嬉しい)   12/30に注文して今日やっと届きました。 今年1番はしゃいでいます。#iPad pic.twitter.com/WAVbaz18wi — 慎太郎 (@shintaro_163cm) February 15, 2022   周りの先輩方から、「iPadあると何かと便利よ。持っといて損はないよ」と結構言われていました。   10年前になんとな ...

ReadMore

ドラムの話

2022/2/19

【ドラム】センスって何?磨き方を考える【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   あのドラマー、センスあるよなぁ   こんなことを耳にしたことはありませんか?   何か、良い感じの演奏やカッコいい演奏に対して使われるこの言葉。 ドラムを叩いている以上、言われてみたい言葉でもあります。   そのためには、センスを身につけなければいけません。   そもそもセンスってなに? どうやってセンスって身につくの?   今回は、このセンスという掴みどころがない言葉 ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/2/6

ダブルストロークの練習方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回は、ドラムをやっていると誰もが憧れる、ダブルストロークについてお話ししようと思います。     ダブルストローク、叩けるとカッコいいですよね。   生まれて初めてダブルストロークを叩いている人を見たとき、「化け物だ」と思ったのを覚えています。   そんなダブルストローク、略してダブルですが、地道な練習と少しのコツの上に成り立っています。 今回は、その練習方法とコツを紹介します ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/1/31

【ドラム】フラムを叩いてみよう【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回は、ルーディメンツの1つであるフラムを紹介します。   フィルインでよく使っている印象ですが、身につくと大きな武器になりますので、是非覚えていただきたい内容になっています。   フラムを叩く上でのコツや注意点、練習方法も紹介しますので、是非読んでください。     目次1 フラムって何?2 フラムを譜面で見てみよう3 フラムのコツは高低差4 フラムを使った練習4.1 フラムタ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの練習
-,

© 2022 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5