音楽雑記 雑記

初心者はどんな楽器を買えばいいの?

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

楽器を始めると、自分の楽器が欲しくなります。

よくTwitterで目にするMy New Gearというやつですね。

 

他の人が買っているのを見ると、不思議と自分も欲しくなってきます。

 

そんな時、「自分みたいな初心者はどんな楽器を買えば良いの?」と考える人は少なくないはずです。

 

初心者だから初心者向けの楽器を買えば良いのか・・・

初心者とか関係なく欲しい楽器を買えばいいのか・・・

 

人の数だけ答えがあるかと思います。

 

今回は、そんなお話について私見を述べていこうと思います。

失敗談も交えながら紹介させていただきますので、お気軽に読んでみてください。

 

 

良い楽器を買おう

 

いきなり結論から言いますが、初心者はとにかく良い楽器を買いましょう。

むしろ、初心者こそ良い楽器を買うべきです。

 

良い楽器と言いますが、その定義は単純で「良い音が出る楽器」です。

 

値段が安いけど良い楽器や高価で良い楽器等、色々あるかと思いますが「これでいいや」と妥協だけはしないでください。

 

 

ここからは、なぜ良い楽器をお勧めするのかを解説していきます。

 

 

音を出すのが楽しい

 

これは実際に体感すると分かることなのですが、良い音が出る楽器を触るのはとても気持ち良いです。

 

音を出しているだけで、上手くなったような気分にさせてくれます。

 

音が気持ち良いので、ずっと楽器に触っていたくなります。

 

楽器を触るということは、練習したくなります。

 

そして、自然と練習時間が長くなっていき、知らず知らずのうちに上達していること間違いありません。

 

耳が肥える

 

良い音が身近にあると自然と耳が肥えてきます。

 

耳が肥えてくると、今まで気付かずにいた、良い音悪い音の区別が何となくついてくるようになります。

 

今のは良かったかも

さっきのはちょっとイマイチ

今のは神懸ってたぞ

 

こんな風に、自分の音に気を配れるようになってきます。

 

そうすることで、曲の練習やバンド練習の中での目標を細かく定めることができます。

 

今まで何となく練習していた曲も、こだわるポイントが出てくることで、より高い精度を目指すことができます。

 

扱いやすい

 

良い音を出す楽器は総じて演奏しやすく作られています。

 

つまり、音を出すことにストレスを感じることがありません。

 

色々な楽器を触っていると分かるのですが、同じ音を出そうとしても、それぞれの楽器によってに加える力は違います。

 

良い楽器は簡単に音が出せますが、そうでもない楽器は少しだけ力が必要だったりします。

この「少しだけ」が厄介なポイント。

 

単純に音を出すのはそんなに苦ではありません。

しかしそのまま曲を演奏してみると、積み重なった「少しだけ」が束になって襲いかかり、大きなストレスとなってしまいます。

 

その結果、そんなに演奏していないのに疲れ果ててしまい、「今日はやーめた」となってしまう。

 

楽器が違うだけで練習時間に差が生まれるなら、なるべく長く練習できる楽器を選びたいですね。

 

 

初心者楽器ってどうなの?

 

僕は音楽の専門学校でドラムを専攻していたのですが、「ドラムやるならベースも分かっておこう」と思い立ち、楽器店でベースを買ったことがあります。

 

貧乏学生でベースの知識は0だったので、何もわからずに初心者向けベースを購入しました。

値段は2万円以内だったと記憶しています。

 

いざ弾いてみると、思っていた音と違う事に違和感を感じます。

 

CDで聞いてるベースってこんなに音細かったっけ?

初心者だから仕方ないにしても、弾くのしんどすぎないか?

良い音が出るポイント狭すぎない?

 

そんなことを考えながら練習していましたが、楽しさをあまり感じられず、1ヶ月もしないうちに挫折しました。

 

それからバンドを組み、空き時間にメンバーのベースを弾かせてもらいました。

 

なにこれ音めっちゃ良い!

弾きやすいししんどくない!

これは弾いてて楽しいぞ!

 

あまりにも別の楽器すぎました。今まで自分が触ってた楽器ってなに?と驚きます。

例えるなら廃棄寸前のコンビニ弁当と老舗懐石料理ぐらいの差がありました。

 

さすがに言い過ぎかも知れませんが、それぐらい何もかも違ったので、初心者向け楽器を買うのは金銭的に余裕が無い等よっぽどの事情がない限りやめた方がいいと考えています。

 

 

さいごに

 

今回のお話ですが、簡単にまとめると以下のようになります。

 

楽器を買うなら良い楽器を選ぼう

音を出すのが楽しい

耳が肥える

扱いやすい

 

初心者向け楽器は

音を出しにくい

演奏してて疲れる

挫折しやすくなる

 

良い音を知れば世界が広がります。

世界が広がると、あなたの音楽人生が豊かになっていきます。

 

中には自分なんかがこんな楽器欲しがって良いのかな?と思う方も居るでしょうが、全然良いんです。

 

周りのためではなく、自分のために楽器を買いましょう。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの話

2022/5/18

【ドラム】演奏動画はファンタジー【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   楽器を練習するうえで、演奏動画を見ることはとても大切なことです。   特にドラムは、体の動きが音に反映されることもあるので、時には「聴く」よりも「見る」ことが重要になったりします。   僕が学生の頃は、好きなアーティストのライブDVDを見てたまーに映るドラマーの動きを丸々真似していました。 そんなDVDも今やYouTubeで無料で見られる時代。 嬉しいような、悲しいような。   &nbsp ...

ReadMore

音楽雑記 ドラムの話

2022/3/20

【iPad】楽器のレッスンや練習で使えるアプリを紹介します

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     iPad買いました。(嬉しい)   12/30に注文して今日やっと届きました。 今年1番はしゃいでいます。#iPad pic.twitter.com/WAVbaz18wi — 慎太郎 (@shintaro_163cm) February 15, 2022   周りの先輩方から、「iPadあると何かと便利よ。持っといて損はないよ」と結構言われていました。   10年前になんとな ...

ReadMore

ドラムの話

2022/2/19

【ドラム】センスって何?磨き方を考える【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   あのドラマー、センスあるよなぁ   こんなことを耳にしたことはありませんか?   何か、良い感じの演奏やカッコいい演奏に対して使われるこの言葉。 ドラムを叩いている以上、言われてみたい言葉でもあります。   そのためには、センスを身につけなければいけません。   そもそもセンスってなに? どうやってセンスって身につくの?   今回は、このセンスという掴みどころがない言葉 ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/2/6

ダブルストロークの練習方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回は、ドラムをやっていると誰もが憧れる、ダブルストロークについてお話ししようと思います。     ダブルストローク、叩けるとカッコいいですよね。   生まれて初めてダブルストロークを叩いている人を見たとき、「化け物だ」と思ったのを覚えています。   そんなダブルストローク、略してダブルですが、地道な練習と少しのコツの上に成り立っています。 今回は、その練習方法とコツを紹介します ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/1/31

【ドラム】フラムを叩いてみよう【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回は、ルーディメンツの1つであるフラムを紹介します。   フィルインでよく使っている印象ですが、身につくと大きな武器になりますので、是非覚えていただきたい内容になっています。   フラムを叩く上でのコツや注意点、練習方法も紹介しますので、是非読んでください。     目次1 フラムって何?2 フラムを譜面で見てみよう3 フラムのコツは高低差4 フラムを使った練習4.1 フラムタ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-音楽雑記, 雑記
-

© 2022 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5