ドラムの話

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。

 

何それ?という方はこちらをご覧ください。

 

ちなみに、音を文字で表すとこうなります。

「チッチッチッチッチッチー

コレがハイハットオープンですね。

 

ドラムセットの中で唯一、音符の長さをコントロールできる楽器になっているので、上手く使えるようになると楽曲に大きく貢献できます。

 

 

ところでこのハイハットオープン、よくある質問として以下のようなものがあります。

 

どうやったらいい音で鳴るの?

そもそも何が正解の音なの?

 

今回はそんな悩みを解決していきます。

 

参考になれば幸いです。

 

ハイハットオープンを良い音で鳴らすために

 

早速ハイハットオープンを上手く演奏する方法とは?を考えてみましょう。

 

僕が思う良い音を出すための定義は

 

ハイハットの開き具合

スティックの当て方

ボトムの傾き

以上が重要だと考えています。

 

1つずつ解説していきます。

 

ハイハットの開き具合

 

まずはセッティングの段階のお話になりますが、ハイハットがどれだけ開いているかが大切です。

 

開け過ぎたら演奏に支障が出るし、閉じすぎてもしっかり鳴ってくれません。

 

 

 

こうなっていると、良い音を出すどころか普段の演奏にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

親指が入ったらOK、ぐらいの開け具合にしましょう。

 

こんな感じですね。

 

 

 

スティックの当て方

 

スティックをどのようにして、ハイハットのどの部分に当てるのか?

これも大事な要素です。

 

スティックの先端(チップ)で叩くよりも、おなか部分(ショルダー)で叩く方が良い音が出やすくなります。

 

 

このようにチップで叩くと、音が細くなりオープンの音を目立たせることが出来ません。

 

 

このようにショルダーで叩く事によって、大音量のバンドサウンドの中でも目立たせることが出来ます。

 

 

ボトムの傾き

 

ハイハットは2枚で1セットの楽器です。

 

いつも叩いている上側の部分をトップ、下の部分をボトムと言います。

 

ハイハットを叩いた時にトップしか鳴っていない状態だと、「ボワァーン」とダサい音が出てしまいます。

ですが、トップとボトムの両方が鳴っていると、「ジィー」と格好良い音を鳴らすことが出来ます。

 

以上の事から、ハイハットオープンはボトムを鳴らすことが重要になってくるわけですね。

 

そこでオススメしたいのが、ボトムを傾けることです。

 

ハイハットスタンドには、ボトム部分の受け皿となっているセーフティボトムに、ネジが付いています。

 

 

これを回すと、↓のように変化します。

 

 

分かりやすくするために極端に回しましたが、ここまでしなくても大丈夫です。

 

こうすることによって、トップとボトムの接地を容易にすることが出来、気持ちいい音でハイハットオープンを鳴らすことが出来ます。

 

 

まとめ

 

という事で、今回のお話をまとめると以下のようになります。

 

ハイハットオープンは「ボワァーン」より「ジィー」と鳴らす

ハイハットの開き具合は親指が入るぐらい

スティックのショルダー部分で叩く

ボトムを傾ける

 

これを実行すると、CDなどでよく聞く音を再現できるかと思います。

 

ぜひ試してみてください。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムレッスンしています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

音楽雑記

2023/1/19

名盤を聴いても心が動かないときは

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   よく音楽史に残る名盤!なんて文言をよく目にするかと思います。   The Beatles、Led Zeppelin、Michael Jackson、Queen、James Brown、B.B. King、Louis Armstrong等の超ビッグネーム達が残した音楽の事を指しますね。   彼らの残した功績は計り知れず、現代の音楽にも影響を与えています。     僕も音楽を生業にし ...

ReadMore

音楽雑記

2022/12/28

【散財】楽器を買う時の頭の中【促進】

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   皆さんは楽器買いまくってますか?   僕は今年は色々と楽器を買いました。 シンバル類、ギター、パーカッションetc... 悔いが残らないようにそこそこな買い物をしました。     普段からレッスンでも生徒さんに「ペダル買った方が良いですよ」とか「それだけ上手かったらスネア買ってもいいんじゃないですか?」とか言ってドラム沼から手をこまねいています。   ですが、「うーん…」というお返事をよくいた ...

ReadMore

ドラムの話

2022/10/22

【ドラム】TASCAMのレコーダーを買いました【DR-40X】

  こんにちは、慎太郎(shintaro_163cm)です。   最近のスマホの録音精度って半端ないですよね。 バンドの練習で録音するぞって思ったら10秒ぐらいで録音開始できるので、時間を取られずにバンドリハを運営できます。 そこそこ大音量でも録れているので、問題無いやんかって事でしばらくスマホ録音してました。   ですが、やはりミュージシャンとしてそこそこ良い音で録音できないとな、と思い立ちレコーダー購入に至りました。   というわけで今回は、簡単にではありますが ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/8/13

【ドラム】シャッフルの叩き方、考え方を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   みなさんはシャッフルというリズムをご存知でしょうか?   聞いたことはあるけどよくわかんないな シャッフル?シェイクじゃなくて?   今回はそんなシャッフルについて紹介します。   参考になれば幸いです。     目次1 シャッフルとは?1.1 シャッフルのリズム2 シャッフルを叩こう2.1 足をシャッフルに2.1.1 ドーンターンドッドターン2.1.2 ドーンターンツ ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/8/7

【ドラム】曲の締め方を紹介します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ライブしてると、曲の締め方に困るという相談を受けます。 全部同じにしたら何かカッコ悪い、でもバリエーションが思い浮かばない。   レッスンでもよく聞かれます。   曲の締め方がわからないよ   適当に連打したら良いんですよ   その適当がわかんない   ごめんなさい   ということで、いくつか叩いてみました。 これからライブする方の参考になれば幸いです。 &n ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

植村慎太郎

ドラム歴そろそろ20年。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室とかスタジオとかいろんなところでドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの話
-,

© 2023 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5