ドラムの話

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。

 

何それ?という方はこちらをご覧ください。

 

ちなみに、音を文字で表すとこうなります。

「チッチッチッチッチッチー

コレがハイハットオープンですね。

 

ドラムセットの中で唯一、音符の長さをコントロールできる楽器になっているので、上手く使えるようになると楽曲に大きく貢献できます。

 

 

ところでこのハイハットオープン、よくある質問として以下のようなものがあります。

 

どうやったらいい音で鳴るの?

そもそも何が正解の音なの?

 

今回はそんな悩みを解決していきます。

 

参考になれば幸いです。

 

ハイハットオープンを良い音で鳴らすために

 

早速ハイハットオープンを上手く演奏する方法とは?を考えてみましょう。

 

僕が思う良い音を出すための定義は

 

ハイハットの開き具合

スティックの当て方

ボトムの傾き

以上が重要だと考えています。

 

1つずつ解説していきます。

 

ハイハットの開き具合

 

まずはセッティングの段階のお話になりますが、ハイハットがどれだけ開いているかが大切です。

 

開け過ぎたら演奏に支障が出るし、閉じすぎてもしっかり鳴ってくれません。

 

 

 

こうなっていると、良い音を出すどころか普段の演奏にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

親指が入ったらOK、ぐらいの開け具合にしましょう。

 

こんな感じですね。

 

 

 

スティックの当て方

 

スティックをどのようにして、ハイハットのどの部分に当てるのか?

これも大事な要素です。

 

スティックの先端(チップ)で叩くよりも、おなか部分(ショルダー)で叩く方が良い音が出やすくなります。

 

 

このようにチップで叩くと、音が細くなりオープンの音を目立たせることが出来ません。

 

 

このようにショルダーで叩く事によって、大音量のバンドサウンドの中でも目立たせることが出来ます。

 

 

ボトムの傾き

 

ハイハットは2枚で1セットの楽器です。

 

いつも叩いている上側の部分をトップ、下の部分をボトムと言います。

 

ハイハットを叩いた時にトップしか鳴っていない状態だと、「ボワァーン」とダサい音が出てしまいます。

ですが、トップとボトムの両方が鳴っていると、「ジィー」と格好良い音を鳴らすことが出来ます。

 

以上の事から、ハイハットオープンはボトムを鳴らすことが重要になってくるわけですね。

 

そこでオススメしたいのが、ボトムを傾けることです。

 

ハイハットスタンドには、ボトム部分の受け皿となっているセーフティボトムに、ネジが付いています。

 

 

これを回すと、↓のように変化します。

 

 

分かりやすくするために極端に回しましたが、ここまでしなくても大丈夫です。

 

こうすることによって、トップとボトムの接地を容易にすることが出来、気持ちいい音でハイハットオープンを鳴らすことが出来ます。

 

 

まとめ

 

という事で、今回のお話をまとめると以下のようになります。

 

ハイハットオープンは「ボワァーン」より「ジィー」と鳴らす

ハイハットの開き具合は親指が入るぐらい

スティックのショルダー部分で叩く

ボトムを傾ける

 

これを実行すると、CDなどでよく聞く音を再現できるかと思います。

 

ぜひ試してみてください。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの話

2022/5/18

【ドラム】演奏動画はファンタジー【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   楽器を練習するうえで、演奏動画を見ることはとても大切なことです。   特にドラムは、体の動きが音に反映されることもあるので、時には「聴く」よりも「見る」ことが重要になったりします。   僕が学生の頃は、好きなアーティストのライブDVDを見てたまーに映るドラマーの動きを丸々真似していました。 そんなDVDも今やYouTubeで無料で見られる時代。 嬉しいような、悲しいような。   &nbsp ...

ReadMore

音楽雑記 ドラムの話

2022/3/20

【iPad】楽器のレッスンや練習で使えるアプリを紹介します

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     iPad買いました。(嬉しい)   12/30に注文して今日やっと届きました。 今年1番はしゃいでいます。#iPad pic.twitter.com/WAVbaz18wi — 慎太郎 (@shintaro_163cm) February 15, 2022   周りの先輩方から、「iPadあると何かと便利よ。持っといて損はないよ」と結構言われていました。   10年前になんとな ...

ReadMore

ドラムの話

2022/2/19

【ドラム】センスって何?磨き方を考える【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   あのドラマー、センスあるよなぁ   こんなことを耳にしたことはありませんか?   何か、良い感じの演奏やカッコいい演奏に対して使われるこの言葉。 ドラムを叩いている以上、言われてみたい言葉でもあります。   そのためには、センスを身につけなければいけません。   そもそもセンスってなに? どうやってセンスって身につくの?   今回は、このセンスという掴みどころがない言葉 ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/2/6

ダブルストロークの練習方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回は、ドラムをやっていると誰もが憧れる、ダブルストロークについてお話ししようと思います。     ダブルストローク、叩けるとカッコいいですよね。   生まれて初めてダブルストロークを叩いている人を見たとき、「化け物だ」と思ったのを覚えています。   そんなダブルストローク、略してダブルですが、地道な練習と少しのコツの上に成り立っています。 今回は、その練習方法とコツを紹介します ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/1/31

【ドラム】フラムを叩いてみよう【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回は、ルーディメンツの1つであるフラムを紹介します。   フィルインでよく使っている印象ですが、身につくと大きな武器になりますので、是非覚えていただきたい内容になっています。   フラムを叩く上でのコツや注意点、練習方法も紹介しますので、是非読んでください。     目次1 フラムって何?2 フラムを譜面で見てみよう3 フラムのコツは高低差4 フラムを使った練習4.1 フラムタ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの話
-,

© 2022 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5