ドラムの話

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。

 

何それ?という方はこちらをご覧ください。

 

ちなみに、音を文字で表すとこうなります。

「チッチッチッチッチッチー

コレがハイハットオープンですね。

 

ドラムセットの中で唯一、音符の長さをコントロールできる楽器になっているので、上手く使えるようになると楽曲に大きく貢献できます。

 

 

ところでこのハイハットオープン、よくある質問として以下のようなものがあります。

 

どうやったらいい音で鳴るの?

そもそも何が正解の音なの?

 

今回はそんな悩みを解決していきます。

 

参考になれば幸いです。

 

ハイハットオープンを良い音で鳴らすために

 

早速ハイハットオープンを上手く演奏する方法とは?を考えてみましょう。

 

僕が思う良い音を出すための定義は

 

ハイハットの開き具合

スティックの当て方

ボトムの傾き

以上が重要だと考えています。

 

1つずつ解説していきます。

 

ハイハットの開き具合

 

まずはセッティングの段階のお話になりますが、ハイハットがどれだけ開いているかが大切です。

 

開け過ぎたら演奏に支障が出るし、閉じすぎてもしっかり鳴ってくれません。

 

 

 

こうなっていると、良い音を出すどころか普段の演奏にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

親指が入ったらOK、ぐらいの開け具合にしましょう。

 

こんな感じですね。

 

 

 

スティックの当て方

 

スティックをどのようにして、ハイハットのどの部分に当てるのか?

これも大事な要素です。

 

スティックの先端(チップ)で叩くよりも、おなか部分(ショルダー)で叩く方が良い音が出やすくなります。

 

 

このようにチップで叩くと、音が細くなりオープンの音を目立たせることが出来ません。

 

 

このようにショルダーで叩く事によって、大音量のバンドサウンドの中でも目立たせることが出来ます。

 

 

ボトムの傾き

 

ハイハットは2枚で1セットの楽器です。

 

いつも叩いている上側の部分をトップ、下の部分をボトムと言います。

 

ハイハットを叩いた時にトップしか鳴っていない状態だと、「ボワァーン」とダサい音が出てしまいます。

ですが、トップとボトムの両方が鳴っていると、「ジィー」と格好良い音を鳴らすことが出来ます。

 

以上の事から、ハイハットオープンはボトムを鳴らすことが重要になってくるわけですね。

 

そこでオススメしたいのが、ボトムを傾けることです。

 

ハイハットスタンドには、ボトム部分の受け皿となっているセーフティボトムに、ネジが付いています。

 

 

これを回すと、↓のように変化します。

 

 

分かりやすくするために極端に回しましたが、ここまでしなくても大丈夫です。

 

こうすることによって、トップとボトムの接地を容易にすることが出来、気持ちいい音でハイハットオープンを鳴らすことが出来ます。

 

 

まとめ

 

という事で、今回のお話をまとめると以下のようになります。

 

ハイハットオープンは「ボワァーン」より「ジィー」と鳴らす

ハイハットの開き具合は親指が入るぐらい

スティックのショルダー部分で叩く

ボトムを傾ける

 

これを実行すると、CDなどでよく聞く音を再現できるかと思います。

 

ぜひ試してみてください。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの練習 ドラムの話

2021/10/17

【ドラム】リズムパターンを叩く時の腕の動きについて【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   以前、リズムパターンを叩く際の音量バランスについて言及しました。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】リズムパターンの音量バランスってどうすればいいの?【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/volume-balanceこんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 ドラムを叩いていてこんなことありませんか? ・ドラムがうるさいと ...

ReadMore

ドラムの話

2021/9/10

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。   何それ?という方はこちらをご覧ください。 関西ドラマーの音楽日記【ドラム】ハイハットオープンの練習法【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/hhop こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 今回はハイハットオープンの奏法について紹介します。普段あまり使用し ...

ReadMore

その他の雑記

2021/8/6

夏は例え男でもおっさんでも日傘を使うべきだと思います

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     夏、来ましたね。   昔は小麦色の肌が健康の証!なんて言われていて、スポーツ焼けという言葉を耳にしたものです。(今も言ってんのかな) 僕の実家は山しかないド田舎だったので、涼しい風を浴びながら散歩したりなんかしていました。   家では何故かエアコン使用禁止だったので、扇風機で夏を凌いでいたものです。     目次1 暑くね?2 もうさ、日傘使いましょうよ2.1 女性 ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/8/1

【ドラム】パラディドルの練習法を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの教則本を買って読んでいると高確率で載っている練習、それがパラディドルです。   こんな練習何の意味があるの? とお思いの初心者さんは多いと思います。 僕もその中の一人でした。   ですが、後にかなり大切な練習だと実感し、今でも練習しておきたい内容だと思っています。   ということで今回は パラディドルとは? パラディドルの練習内容 パラディドルを練習する意味   を紹介し ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/7/18

【ドラム】リズムパターンを使ったダブルキックの練習法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回はタイトルのとおり、リズムパターンを用いたダブルキックの方法を紹介します。   フィルインのように使う時の練習方法は違う記事で紹介していますので、気になったら下記をご覧ください。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】全身を使ってダブルキックの練習をしようhttps://www.kansaidrummermusiclife.com/double-kick こんにちは、慎太郎(@shint ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの話
-,

© 2021 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5