ドラムの話

【ドラム】フィルインを叩くタイミングについて

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

曲の練習をしていると、必ず叩くものがありますよね。

そうです、リズムパターンとフィルインです。

 

今回はその中でも、フィルインの考え方について僕なりの考えを書いていこうと思います。

 

・フィルインっていつ叩けばいいのか分からない・・・

・バンドメンバーに叩きすぎって注意されちゃう・・・

 

そんな方に読んでいただきたい内容になっています。

これを読んだあなたが、今まで以上にドラムが楽しくなればいいなと願っています。

 

フィルインとは

 

まずはフィルインについて知っておきましょう。

長いので読み飛ばしてもらっても大丈夫です。

 

フィルインFill-In、「埋める」の意)とは、主にドラムセット(広義ではギターやピアノ等の伴奏も含まれる)における演奏技法である。 一定のパターン演奏を繰り返す中でパターンの最後、もしくは楽曲の繋ぎ目の1~2小節で即興的な演奏を入れ、変化をつけることを指し、楽曲のスパイス的な意味合いから日本ではオカズと呼ばれる。ポピュラー音楽ではフィルインのフレーズが記譜されている場合もあるが、基本的に奏者のセンスに一任される。概ね、4小節目や8小節目の最後に入れられていることが多いが、特別な決まりはない。

フィルインの役割は主に伴奏にアクセントをつけることで楽曲を盛り上げることにあり、特にAメロやサビに移行する直前にはインパクトのあるフィルインが用いられることが多い。

Wikipediaより引用

 

要は曲中でめっちゃ叩く派手なところです。フィルインに憧れてドラムを始めた方は多いのではないでしょうか。僕もそうです。

 

フィルインは「埋める」という意味なのはあまり知られていませんね。ですが、これが今回のキーワードになりますので覚えておいてください。

 

フィルインは何もないところで叩く

 

結論から言いますが、フィルインは何もないところ、つまりメロディが無いところで叩きましょう。

 

今回はメロディ=ボーカルとして話を進めていきます。

 

 

メロディはずっと鳴り続けているわけではありません。

必ずどこかで休憩をはさみます。

 

この休憩が入ると、少し寂しくなってしまいます。

当然ですね。メロディが消えるわけですから。

 

このメロディが消えたタイミングがドラムの出番です。

フィルインを叩いて寂しさを紛らわせましょう。

 

すると、違和感なく曲を進行させることができます。

 

フィルインFill-In、「埋める」の意)

 

フィルインとは、まさに合間を埋める為に使用します。

 

 

具体例

 

今回は童謡「どんぐりころころ」にフィルインを入れてみました。

まずはこちらをご覧ください。

 

 

歌詞

どんぐり ころころ どんぶりこ (フィルイン)

おいけに はまって さあたいへん (フィルイン)

どじょうが でてきて こんにちは (フィルイン)

ぼっちゃん いっしょに あそびましょう (フィルイン)

 

こんな構成になります。

 

ボーカルが息継ぎしているところに叩くように感じますね。

 

音楽は会話

 

まさに音楽は会話のようなものです。

 

「話をするように流ちょうに演奏しましょう」という高尚な意味ではなく、

相手が話し始めたらまずは遮らずに聞いてあげて、話し終わったら返事をしましょう、という事です。

これは

歌が始まったらまずはじっと聞き、歌い終わったらフィルインを叩きましょう、と考えることができます。

 

相手が話をしているのにこちらが話し始めたら、嫌な顔をされてしまいます。当然ですね。

 

 

フィルインを適切に叩く方法

 

童謡なら分かりやすいけど、POPSとか演奏してるとフィルインをいっぱい叩きたくなっちゃうんだよね

 

それでは、どんな曲でもフィルインの数を適切にできる方法を紹介します

 

フィルインを無しにして演奏する

 

あなたが叩ける曲なら何でも大丈夫です。

コピー曲でも良いですが、あるならオリジナルにしましょう。

 

まずはその曲のフィルインを無しにして演奏します。出来ることならクラッシュシンバルも無くしてください。

リズムパターンだけになりますね。

その状態でまずは演奏してみます。

 

可能なら録音をして演奏を客観的にチェックしましょう。

録音機材でオススメはこちらです。

 

 

叩いている時に、「ここはどうしてもフィルインが無いと、曲に支障がでてしまうな」と感じる部分だけにフィルインを入れていきます。

そしてその箇所だけフィルインを追加して、また演奏します。

 

何回かこの作業をして肉付けをしていきます。

 

すると、最低限のフィルインで曲が演奏できるようになります。

 

メンバーに尋ねる

 

バンドをしているなら、メンバーに自分のフィルインが適切かどうかを聞いてみましょう。

他のパートから見て、自分がどうなっているのかを確認します。

 

「自分のフィルインが他の楽器の邪魔をしていないか自分では分からないから、どうなっているのか教えてほしい」のような旨を伝えると、

「お、ドラムだけじゃなくて、バンドの事を考えて演奏してくれてるんだな」

と思われるので、親身になって教えてくれるはずです。

 

フィルインが少ない曲を聞く

 

あなたの好きな曲が、フィルインがたくさん入っている曲だったら、叩きたくなるのも無理はありません。

それならフィルインが少ない曲を聞いて、色んなパターンを知りましょう。

 

いくつか紹介しておきます。

メロディとドラムの関係も参考にしながら聞いてみましょう。

 

Change the World/Eric Clapton

 

Dani California/Red Hot Chili Peppers

 

Rainy Days And Mondays/Carpenters

 

さいごに

 

最近の曲は手数が多いものが増えてきたので「フィルインっていつ叩けばいいの?」と聞かれることがあります。

これには十人十色の答えがあります。今回紹介したのはあくまで僕の考え方になるので、鵜吞みにせずに他にも調べてみてください。

 

僕は「良いドラマー=歌の邪魔をしないドラマー」と考えているので、このような答えに行き着きました。

 

中にはザ・フーのキースムーンのように、これでもか!というぐらいフィルインを叩きまくる人も居ます。

 

まずは色々な演奏をたくさん聞いて、あなたなりの答えを見つけてください。

たくさん聞いて悩むことが、あなたの財産になります。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事はこちら

 

 

ドラムの話

2022/5/18

【ドラム】演奏動画はファンタジー【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   楽器を練習するうえで、演奏動画を見ることはとても大切なことです。   特にドラムは、体の動きが音に反映されることもあるので、時には「聴く」よりも「見る」ことが重要になったりします。   僕が学生の頃は、好きなアーティストのライブDVDを見てたまーに映るドラマーの動きを丸々真似していました。 そんなDVDも今やYouTubeで無料で見られる時代。 嬉しいような、悲しいような。   &nbsp ...

ReadMore

音楽雑記 ドラムの話

2022/3/20

【iPad】楽器のレッスンや練習で使えるアプリを紹介します

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     iPad買いました。(嬉しい)   12/30に注文して今日やっと届きました。 今年1番はしゃいでいます。#iPad pic.twitter.com/WAVbaz18wi — 慎太郎 (@shintaro_163cm) February 15, 2022   周りの先輩方から、「iPadあると何かと便利よ。持っといて損はないよ」と結構言われていました。   10年前になんとな ...

ReadMore

ドラムの話

2022/2/19

【ドラム】センスって何?磨き方を考える【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   あのドラマー、センスあるよなぁ   こんなことを耳にしたことはありませんか?   何か、良い感じの演奏やカッコいい演奏に対して使われるこの言葉。 ドラムを叩いている以上、言われてみたい言葉でもあります。   そのためには、センスを身につけなければいけません。   そもそもセンスってなに? どうやってセンスって身につくの?   今回は、このセンスという掴みどころがない言葉 ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/2/6

ダブルストロークの練習方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回は、ドラムをやっていると誰もが憧れる、ダブルストロークについてお話ししようと思います。     ダブルストローク、叩けるとカッコいいですよね。   生まれて初めてダブルストロークを叩いている人を見たとき、「化け物だ」と思ったのを覚えています。   そんなダブルストローク、略してダブルですが、地道な練習と少しのコツの上に成り立っています。 今回は、その練習方法とコツを紹介します ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/1/31

【ドラム】フラムを叩いてみよう【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回は、ルーディメンツの1つであるフラムを紹介します。   フィルインでよく使っている印象ですが、身につくと大きな武器になりますので、是非覚えていただきたい内容になっています。   フラムを叩く上でのコツや注意点、練習方法も紹介しますので、是非読んでください。     目次1 フラムって何?2 フラムを譜面で見てみよう3 フラムのコツは高低差4 フラムを使った練習4.1 フラムタ ...

ReadMore

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの話
-,

© 2022 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5