その他の雑記

ドラムで骨折った話(後編)

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

前回の続きを書いていきます。

 

前回?なんじゃそれって方はこちら

能力開花

発表会と採譜ラッシュが落ち着いて数日。

 

急に右手首が痛くなったんですね。

最初の方は「また関節炎かー困ったもんですね」

とか言いながら呑気に過ごしていました。

 

 

その時所属していたのはビッグバンドだったので、あんまりバシバシ叩く系じゃなかったから少し安心していました。

しかも練習してライブに備えようって時期だったからちょっと、いやめっちゃ手を抜いて叩いてました。

 

バレなかったのが奇跡。

 

で、ある日異変に気付くんですね。

 

譜面書くとやたら痛いぞ?

 

変なところ痛めたなーと思いながら採譜を続行。

 

 

そして普通だったら1か月ぐらいで治まるのに、なかなか治らないことに焦りを覚えます。

あれれー?おっかしいなぁー?とかふざけてみましたが状況は変わらず。

 

 

終いにはお箸も持てなくなり、いよいよこれはマズいと思い始めます。

そして出した結論が

 

 

左利きになろう

 

 

そうなんです。おかしいです。でもそれが最適解と信じてました。

 

右手の温存を考えたんでしょうね。

 

 

ちなみに痛めてから2か月。

 

ここからの自分の目標が

左手でお箸を使って豆を掴めるようになろう

になります。

 

 

 

いよいよ現実逃避です。

 

そして「ドラム叩いてて左手もいっぱい使ってるから大丈夫。右手と同じ事すればいい」

と練習モードに突入。

 

 

1週間ぐらいであっさり習得。

 

 

次は左手で文字書けるようにしよう!

 

と思い立ちひらがな練習帳を購入。

 

 

 

 

意外と楽しかった。

 

 

「先生字綺麗になってるwww」

 

 

 

と生徒さんから言われて調子に乗りまくります。

 

判明

なんやかんやあって半年経過。

それでもなかなか治りません。

 

 

 

そして決意します。

ビッグバンドをしばらく休ませてもらい、ここでやっと

病院に行きます。

 

 

 

 

マジか…と思った方多いと思います。

 

 

 

僕もそう思います。

 

 

一応言い訳すると、関節炎かかりすぎて病院に行くのがめんどくさくなってたんですね。

 

 

病院行っても

「あーこれは関節炎ですねぇー休んでたら治りますよぉフヒヒ」

というセリフを少なくとも50回以上は聞いたので

 

ハイハイ休みますワロスワロス

 

とか流してたので今回もそれかなと。

 

 

そしていつも通りレントゲンを撮ってもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「折れてますね」

 

 

 

 

 

 

 

 

「はい?」

 

 

 

 

 

現実ってそんなに華美じゃない

どうやら右手の豆状骨が剥離骨折していたようです。

 

豆状骨とは

手首あたりにある、でっぱりみたいなところですね。

そこが剝がれてたと。

 

 

 

 

 

地味

 

 

 

 

骨折ってもうちょと派手なものと思ってたんですよ。

 

ボキィ!

グシャアァ!

 

 

はぁはぁ・・・もうこれ以上は動けねぇ…

お前は先に行ってろ・・・

 

 

 

みたいな。

 

 

 

現実は

ペリッと剥がれて

 

うーん、字書くの痛いなぁ。

 

 

 

 

この差よ

 

 

 

 

 

 

まー原因判明したから良いんですけどね。

 

それからは剥離骨折のくせにギプスで患部ぐるぐる巻きにして一瞬で治しました。

 

皆さんに伝えたいこと

この記事を通じて皆さんに知ってほしいこと。

 

 

痛くなったら病院に行きましょうってことです。

 

言われんでも分かってるわって思うでしょうが、人間パニックになると何をしでかすかわかりません。

 

 

それに当てはめると僕は半年間パニックになってたことになるんですが、そんなことあるんだなと感じた事例です。

 

 

こんな感じ

わーい

 

 

 

 

 

ただ、転んでもただでは起きない芸人魂に火が付いて

専門学校で教えてるときに生徒が上手く叩けなかったら

骨折れるまで練習したら出来るよ

って言うのが一時口癖になりました。

 

 

 

言われる前に先に自分で言うけどめんどくさい先生でした。

 

 

今はケガに気を付けながら楽しくやってます。

 

そしてこのあと人生が変わる大ケガをすることになるのですが暇があったら書きます。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの話

2022/5/18

【ドラム】演奏動画はファンタジー【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   楽器を練習するうえで、演奏動画を見ることはとても大切なことです。   特にドラムは、体の動きが音に反映されることもあるので、時には「聴く」よりも「見る」ことが重要になったりします。   僕が学生の頃は、好きなアーティストのライブDVDを見てたまーに映るドラマーの動きを丸々真似していました。 そんなDVDも今やYouTubeで無料で見られる時代。 嬉しいような、悲しいような。   &nbsp ...

ReadMore

音楽雑記 ドラムの話

2022/3/20

【iPad】楽器のレッスンや練習で使えるアプリを紹介します

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     iPad買いました。(嬉しい)   12/30に注文して今日やっと届きました。 今年1番はしゃいでいます。#iPad pic.twitter.com/WAVbaz18wi — 慎太郎 (@shintaro_163cm) February 15, 2022   周りの先輩方から、「iPadあると何かと便利よ。持っといて損はないよ」と結構言われていました。   10年前になんとな ...

ReadMore

ドラムの話

2022/2/19

【ドラム】センスって何?磨き方を考える【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   あのドラマー、センスあるよなぁ   こんなことを耳にしたことはありませんか?   何か、良い感じの演奏やカッコいい演奏に対して使われるこの言葉。 ドラムを叩いている以上、言われてみたい言葉でもあります。   そのためには、センスを身につけなければいけません。   そもそもセンスってなに? どうやってセンスって身につくの?   今回は、このセンスという掴みどころがない言葉 ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/2/6

ダブルストロークの練習方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回は、ドラムをやっていると誰もが憧れる、ダブルストロークについてお話ししようと思います。     ダブルストローク、叩けるとカッコいいですよね。   生まれて初めてダブルストロークを叩いている人を見たとき、「化け物だ」と思ったのを覚えています。   そんなダブルストローク、略してダブルですが、地道な練習と少しのコツの上に成り立っています。 今回は、その練習方法とコツを紹介します ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/1/31

【ドラム】フラムを叩いてみよう【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回は、ルーディメンツの1つであるフラムを紹介します。   フィルインでよく使っている印象ですが、身につくと大きな武器になりますので、是非覚えていただきたい内容になっています。   フラムを叩く上でのコツや注意点、練習方法も紹介しますので、是非読んでください。     目次1 フラムって何?2 フラムを譜面で見てみよう3 フラムのコツは高低差4 フラムを使った練習4.1 フラムタ ...

ReadMore

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-その他の雑記

© 2022 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5