音楽レビュー

梶原順さん「ギターレコーディングの流儀」レビュー

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

タイトルにもあります、「梶原順 ギターレコーディングの流儀」を見ました。

 

自分はなんちゃってギタリストなんですが、ギタリストの現場って全然知らなかったんです。

勉強だ!と思い、見せていただきました。

 

 

結果的にとても素晴らしい内容のDVDだったので、共有したいと思います。

梶原順さんとは

1981年、アーティストのライブにおけるサポート・ギタリストとしてキャリアをスタートさせる。その後、マリーン、山本達彦、角松敏生、といったライブをサポートする傍ら、本田雅人 (Sax.)、石川雅春(Dr.) とWITNESSを結成した。

ライブ・サポート中心の活動であったが、1990年以降よりスタジオ・ワークをはじめるや、その群を抜いた演奏技術やありとあらゆるジャンルに対応してプレイスタイルを変える器用さでいわゆる「売れっ子」状態となり、様々なアーティストのアルバム等に参加している。スタジオ・ミュージシャンとして多忙を極める中でも、ライブ・サポートの仕事は途絶えることがなく、特に渡辺貞夫グループや本田バンドのギタリストとして有名である。

                                                     wikipedia内『梶原順』より引用

恥ずかしながら、元々めっちゃ知ってる!というわけではありませんでした。

 

お世話になっているバーで梶原順さんがライブするということで、見せていただいたのがきっかけです。

ギタートリオのライブだったのですが、とても楽しかったのを覚えています。

 

 

とても物腰柔らかく、本当にすごい人?と思っちゃいましたが、ギターを聴いてぶっ飛びました。

 

内容

 

ざっくり言うとドキュメントになっています。

ジャケットに書いてある仕込み無し!の文字に目が行きますね。

 

ネタばれしない程度に中身に触れていきます。

 

レコーディングの一部始終

 

まずは現場入り→ギターのセッティングまで。

 

エレキギター、エフェクターの紹介だったのですがちんぷんかんぷんでした。

ギタリストなら「ほほぅ…」とか言いながら見るところなんでしょうけど、無知ですみません。

 

 

一番興味がわいたのは譜面台でした。

 

なるほどなーと。たしかに些細なことだけど、そこもこだわるよねーと。

どんな譜面台かお見せしたかったんですけど、見つかりませんでした。

 

 

気になる方はDVD見てください。

 

初見作業

 

基本的にスタジオミュージシャンって、現場入りするまでどんな曲を演奏するか知らないんです。

なので、譜面を渡されてその場で曲を聴いて即演奏します。

 

その模様もしっかり収録されています。

 

譜面をもらって曲を聴きながら、キメ(各パートが同じ演奏をするところ)を書き込んでいきます。

ここの音符の書き方はかなり勉強になります。

 

最小限の形で、でも把握できる書き方です。

 

そもそもプロが譜面を書く場面なんてなかなか見られるものじゃないので、この作業だけでも見る価値があります。

そして1回聞いただけで「よし、やりましょう」と颯爽とレコーディングに向かう姿。

 

カッケェ・・・

 

レコーディング作業

 

ここも新鮮でした。つーか本編だから当たり前か。

 

ドラムって1回叩いたら「はいおつかれさまでしたー」って終わるんですね。

それに比べてギターはアコギ、エレキ、ガッドと色々な種類のギターを駆使しながら音を重ねて1つの作品にしていきます。

 

さながら精巧な建築物を建てていくよう。

 

 

そして当たり前なんですけどめっちゃ上手いんですよね。

えっ曲知ってました?って言いたくなるぐらいフィーリングが完璧なんです。

 

こうした百戦錬磨のギターテクニックを見られるのはかなり嬉しいです。

 

ギターで歌と対話していく

 

梶原さんの発言の中でとても印象に残っている言葉です。

 

これは僕がいつも心掛けていることと少し重なったので、気になりました。

 

音楽に対する姿勢や真心のようなものが垣間見え、それをなるほどと思わせる説得力のある演奏。

 

 

おこがましいですが、僕が年齢を重ねたらこんな風に音楽と向き合いたいと思います。

 

さいごに

 

プロを目指す人だけでなく、音楽が好きな人も是非見るべきな作品です。

 

ギターが詳しくなくても、どうやって楽曲が出来ていくのか、どんな気持ちで楽曲に音を吹き込んでいくのかという疑問がここで解消されます。

 

 

いやー見れてよかった。どうやったらあんな演奏できるんやろ。

練習かなぁ。練習かぁ。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

ドラムの話

2021/12/10

【ドラム】音量を大きくする方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   自分で言うのもアレですが、僕はドラムの音量が大きい方だとおもいます。   音量が小さいと言われたことはほとんどなく、教室では「先生音でかいから空き時間は叩かないで」とか、小さいライブハウスでは「マイクいらんな」とよく言われるので、多分音量大きいんでしょう。     ですが、ドラムを始めた当初は音量はかなり小さい方でした。   田舎で比較対象が多くない状況、そして独学でドラムを叩い ...

ReadMore

その他の雑記 雑記

2021/12/3

【時間潰しに】プリンターを買おうとした話【読んでね】

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   突然なんですが、引っ越しました。引っ越してバタバタしていたので全く更新していませんでした。 このブログを楽しみにしてくださっている方がいらっしゃったら(いるの?)誠にごめんなさい。     忙しかったんですよね。   仕事のスケジュールは全く変更せずに引っ越し、採譜作業、発表会の準備をしていたので、心が休まらなかったんです。   私意外とナイーブみたい。   ということで、今回の記事 ...

ReadMore

ドラムの練習 ドラムの話

2021/10/17

【ドラム】リズムパターンを叩く時の腕の動きについて【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   以前、リズムパターンを叩く際の音量バランスについて言及しました。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】リズムパターンの音量バランスってどうすればいいの?【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/volume-balanceこんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 ドラムを叩いていてこんなことありませんか? ・ドラムがうるさいと ...

ReadMore

ドラムの話

2021/9/10

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。   何それ?という方はこちらをご覧ください。 関西ドラマーの音楽日記【ドラム】ハイハットオープンの練習法【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/hhop こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 今回はハイハットオープンの奏法について紹介します。普段あまり使用し ...

ReadMore

その他の雑記

2021/8/6

夏は例え男でもおっさんでも日傘を使うべきだと思います

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     夏、来ましたね。   昔は小麦色の肌が健康の証!なんて言われていて、スポーツ焼けという言葉を耳にしたものです。(今も言ってんのかな) 僕の実家は山しかないド田舎だったので、涼しい風を浴びながら散歩したりなんかしていました。   家では何故かエアコン使用禁止だったので、扇風機で夏を凌いでいたものです。     目次1 暑くね?2 もうさ、日傘使いましょうよ2.1 女性 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-音楽レビュー

© 2022 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5