音楽レビュー

梶原順さん「ギターレコーディングの流儀」レビュー

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

タイトルにもあります、「梶原順 ギターレコーディングの流儀」を見ました。

 

自分はなんちゃってギタリストなんですが、ギタリストの現場って全然知らなかったんです。

勉強だ!と思い、見せていただきました。

 

 

結果的にとても素晴らしい内容のDVDだったので、共有したいと思います。

梶原順さんとは

1981年、アーティストのライブにおけるサポート・ギタリストとしてキャリアをスタートさせる。その後、マリーン、山本達彦、角松敏生、といったライブをサポートする傍ら、本田雅人 (Sax.)、石川雅春(Dr.) とWITNESSを結成した。

ライブ・サポート中心の活動であったが、1990年以降よりスタジオ・ワークをはじめるや、その群を抜いた演奏技術やありとあらゆるジャンルに対応してプレイスタイルを変える器用さでいわゆる「売れっ子」状態となり、様々なアーティストのアルバム等に参加している。スタジオ・ミュージシャンとして多忙を極める中でも、ライブ・サポートの仕事は途絶えることがなく、特に渡辺貞夫グループや本田バンドのギタリストとして有名である。

                                                     wikipedia内『梶原順』より引用

恥ずかしながら、元々めっちゃ知ってる!というわけではありませんでした。

 

お世話になっているバーで梶原順さんがライブするということで、見せていただいたのがきっかけです。

ギタートリオのライブだったのですが、とても楽しかったのを覚えています。

 

 

とても物腰柔らかく、本当にすごい人?と思っちゃいましたが、ギターを聴いてぶっ飛びました。

 

内容

 

ざっくり言うとドキュメントになっています。

ジャケットに書いてある仕込み無し!の文字に目が行きますね。

 

ネタばれしない程度に中身に触れていきます。

 

レコーディングの一部始終

 

まずは現場入り→ギターのセッティングまで。

 

エレキギター、エフェクターの紹介だったのですがちんぷんかんぷんでした。

ギタリストなら「ほほぅ…」とか言いながら見るところなんでしょうけど、無知ですみません。

 

 

一番興味がわいたのは譜面台でした。

 

なるほどなーと。たしかに些細なことだけど、そこもこだわるよねーと。

どんな譜面台かお見せしたかったんですけど、見つかりませんでした。

 

 

気になる方はDVD見てください。

 

初見作業

 

基本的にスタジオミュージシャンって、現場入りするまでどんな曲を演奏するか知らないんです。

なので、譜面を渡されてその場で曲を聴いて即演奏します。

 

その模様もしっかり収録されています。

 

譜面をもらって曲を聴きながら、キメ(各パートが同じ演奏をするところ)を書き込んでいきます。

ここの音符の書き方はかなり勉強になります。

 

最小限の形で、でも把握できる書き方です。

 

そもそもプロが譜面を書く場面なんてなかなか見られるものじゃないので、この作業だけでも見る価値があります。

そして1回聞いただけで「よし、やりましょう」と颯爽とレコーディングに向かう姿。

 

カッケェ・・・

 

レコーディング作業

 

ここも新鮮でした。つーか本編だから当たり前か。

 

ドラムって1回叩いたら「はいおつかれさまでしたー」って終わるんですね。

それに比べてギターはアコギ、エレキ、ガッドと色々な種類のギターを駆使しながら音を重ねて1つの作品にしていきます。

 

さながら精巧な建築物を建てていくよう。

 

 

そして当たり前なんですけどめっちゃ上手いんですよね。

えっ曲知ってました?って言いたくなるぐらいフィーリングが完璧なんです。

 

こうした百戦錬磨のギターテクニックを見られるのはかなり嬉しいです。

 

ギターで歌と対話していく

 

梶原さんの発言の中でとても印象に残っている言葉です。

 

これは僕がいつも心掛けていることと少し重なったので、気になりました。

 

音楽に対する姿勢や真心のようなものが垣間見え、それをなるほどと思わせる説得力のある演奏。

 

 

おこがましいですが、僕が年齢を重ねたらこんな風に音楽と向き合いたいと思います。

 

さいごに

 

プロを目指す人だけでなく、音楽が好きな人も是非見るべきな作品です。

 

ギターが詳しくなくても、どうやって楽曲が出来ていくのか、どんな気持ちで楽曲に音を吹き込んでいくのかという疑問がここで解消されます。

 

 

いやー見れてよかった。どうやったらあんな演奏できるんやろ。

練習かなぁ。練習かぁ。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

ドラムレッスンしています。詳しくはこちらをご覧ください。

音楽雑記

2023/1/19

名盤を聴いても心が動かないときは

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   よく音楽史に残る名盤!なんて文言をよく目にするかと思います。   The Beatles、Led Zeppelin、Michael Jackson、Queen、James Brown、B.B. King、Louis Armstrong等の超ビッグネーム達が残した音楽の事を指しますね。   彼らの残した功績は計り知れず、現代の音楽にも影響を与えています。     僕も音楽を生業にし ...

ReadMore

音楽雑記

2022/12/28

【散財】楽器を買う時の頭の中【促進】

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   皆さんは楽器買いまくってますか?   僕は今年は色々と楽器を買いました。 シンバル類、ギター、パーカッションetc... 悔いが残らないようにそこそこな買い物をしました。     普段からレッスンでも生徒さんに「ペダル買った方が良いですよ」とか「それだけ上手かったらスネア買ってもいいんじゃないですか?」とか言ってドラム沼から手をこまねいています。   ですが、「うーん…」というお返事をよくいた ...

ReadMore

ドラムの話

2022/10/22

【ドラム】TASCAMのレコーダーを買いました【DR-40X】

  こんにちは、慎太郎(shintaro_163cm)です。   最近のスマホの録音精度って半端ないですよね。 バンドの練習で録音するぞって思ったら10秒ぐらいで録音開始できるので、時間を取られずにバンドリハを運営できます。 そこそこ大音量でも録れているので、問題無いやんかって事でしばらくスマホ録音してました。   ですが、やはりミュージシャンとしてそこそこ良い音で録音できないとな、と思い立ちレコーダー購入に至りました。   というわけで今回は、簡単にではありますが ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/8/13

【ドラム】シャッフルの叩き方、考え方を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   みなさんはシャッフルというリズムをご存知でしょうか?   聞いたことはあるけどよくわかんないな シャッフル?シェイクじゃなくて?   今回はそんなシャッフルについて紹介します。   参考になれば幸いです。     目次1 シャッフルとは?1.1 シャッフルのリズム2 シャッフルを叩こう2.1 足をシャッフルに2.1.1 ドーンターンドッドターン2.1.2 ドーンターンツ ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/8/7

【ドラム】曲の締め方を紹介します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ライブしてると、曲の締め方に困るという相談を受けます。 全部同じにしたら何かカッコ悪い、でもバリエーションが思い浮かばない。   レッスンでもよく聞かれます。   曲の締め方がわからないよ   適当に連打したら良いんですよ   その適当がわかんない   ごめんなさい   ということで、いくつか叩いてみました。 これからライブする方の参考になれば幸いです。 &n ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

植村慎太郎

ドラム歴そろそろ20年。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室とかスタジオとかいろんなところでドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-音楽レビュー

© 2023 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5