ドラムの話

【ドラム】体験レッスンって何するの?【音楽教室】

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

ドラムを始めたい!と思っている方の中で、音楽教室に通うという選択肢に行き着く方は多いと思います。

音楽教室ではよく体験レッスンを実施していますが

・体験レッスンって何するの?

・必要な持ち物とか分からない

という疑問を持つ方は少なくないはず。

 

なので今回は、講師目線から体験レッスンって何をするの?を簡単に解説します。

 

これからレッスンを受けようかな?という方の手助けになれば幸いです。

 

 

前日までの準備

 

教室を探そう

 

ドラムを始めたい!習いたい!と考えたら、まずはドラム教室を探すところから始まります。

 

仕事帰りに通うなら仕事場の近くで探し、休日に通うなら自宅の近くで。買い物もかねて通いたいなら繁華街にある教室という選択肢もあります。

 

あなたの生活スタイルに合わせて選びましょう。

 

 

体験レッスンを申し込もう

 

通いたい教室を決めたら、体験レッスンを申し込みます。

 

申し込み方法はネットか電話が一般的です。

 

どちらでも大丈夫ですが、教室の雰囲気を知りたいなら電話がオススメです。

ネットだと簡易的な申し込みで終わりますが、電話の場合、体験レッスンの申し込みをするとともに受付さんと話をすることになるので、教室に関する質問をすることが出来ます。

 

「ドラムを触ったことがないから不安・・・」

「優しい先生が良いな・・・」

 

など、何でもいいので伝えておきましょう。

 

 

服装は?持ち物は?

 

レッスンをするときの服装ですが、動きやすい服装が理想です。

仕事帰りならスーツでも問題ありません。

 

ドラムは足を広げて演奏しますので、

女性の方はスカートは避けておきましょう。

 

ドラムはスティックを使用するので、「スティックを買わないといけないかな?」とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、手ぶらで大丈夫です。

必要なものは教室に揃っているので、全く問題ありません。

 

 

体験レッスン当日

 

教室に行こう

 

それでは教室に向かいましょう。

教室には指定された時間ピッタリよりも、5~10分程早めに到着しておきましょう。

 

大手の教室の場合、体験レッスンの前にアンケートを書くことがあります。その時間を確保するために、早めに来てほしいと言われることがあります。

 

内容は一般的で、住所や氏名などを書き込んでいきますが、項目の中には

・ドラムを始めようと思ったきっかけ

・好きなアーティスト

を書く欄があります。

この欄は出来るだけ書いておくことをオススメします。

 

アンケートは講師も読むことになり、場合によってはレッスン内容を変更する事があります。

 

具体的には、「このバンドが好きなら、あの曲のフレーズならすぐ叩けるから紹介しよう」といった感じです。

必ずレッスンに反映されるわけではありませんが、書いておくと話のタネになるかもしれませんね。

 

 

体験レッスンを受けよう

 

いよいよ体験レッスンです。

レッスンが始まるなり、いきなりドラムを叩こう!という事はありません。

 

お互い初対面なので、まずは少しお話をします。

好きなアーティストや、体験レッスンを申し込んだきっかけなどを聞くことが多いです。

そこで少しでも緊張をほぐしてもらってからドラムの練習に移ります。

 

ドラムを叩いたことがないのでしたら、8ビートやフィルインの練習から入るのが一般的です。

 

なにそれ?という方はこちらをどうぞ。

体験レッスンは、まず楽しんでもらえるように講師は最大限努力します。

生徒さんに来て良かった!と思ってもらうことを第一に考えているので、気になったことや分からないことがあったら遠慮なく聞いてください。

 

 

体験レッスンが終わったら

 

体験レッスンが終わったら、料金やシステムの説明を経て、教室に入会するかどうかを聞かれます。

通いたい!となれば入会手続きに移ります。

 

教室によってはレッスンする日時が固定されていることがあります。

希望していた日時が空いていない等、気になることがあるなら保留という形をとるのも1つです。

 

教室によって講師やレッスン日時、教室の特色が違うので、いくつかの教室を受講するのも良いかもしれませんね。

 

 

さいごに

 

というわけで、体験レッスンに付いて簡単にまとめてみました。

 

「ドラムに触ってみたいなぁ」

「ドラムってどんな音がするのかなぁ」

という些細な理由でももちろん大歓迎です。

 

レッスンやドラム自体に興味があれば、まずは体験レッスンを予約することをオススメします。

 

僕たち講師は、来ていただいた方には楽しんでもらえるように全力でレッスンさせていただきますので、安心してお越しください。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの練習 ドラムの話

2021/10/17

【ドラム】リズムパターンを叩く時の腕の動きについて【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   以前、リズムパターンを叩く際の音量バランスについて言及しました。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】リズムパターンの音量バランスってどうすればいいの?【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/volume-balanceこんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 ドラムを叩いていてこんなことありませんか? ・ドラムがうるさいと ...

ReadMore

ドラムの話

2021/9/10

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。   何それ?という方はこちらをご覧ください。 関西ドラマーの音楽日記【ドラム】ハイハットオープンの練習法【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/hhop こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 今回はハイハットオープンの奏法について紹介します。普段あまり使用し ...

ReadMore

その他の雑記

2021/8/6

夏は例え男でもおっさんでも日傘を使うべきだと思います

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     夏、来ましたね。   昔は小麦色の肌が健康の証!なんて言われていて、スポーツ焼けという言葉を耳にしたものです。(今も言ってんのかな) 僕の実家は山しかないド田舎だったので、涼しい風を浴びながら散歩したりなんかしていました。   家では何故かエアコン使用禁止だったので、扇風機で夏を凌いでいたものです。     目次1 暑くね?2 もうさ、日傘使いましょうよ2.1 女性 ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/8/1

【ドラム】パラディドルの練習法を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの教則本を買って読んでいると高確率で載っている練習、それがパラディドルです。   こんな練習何の意味があるの? とお思いの初心者さんは多いと思います。 僕もその中の一人でした。   ですが、後にかなり大切な練習だと実感し、今でも練習しておきたい内容だと思っています。   ということで今回は パラディドルとは? パラディドルの練習内容 パラディドルを練習する意味   を紹介し ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/7/18

【ドラム】リズムパターンを使ったダブルキックの練習法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回はタイトルのとおり、リズムパターンを用いたダブルキックの方法を紹介します。   フィルインのように使う時の練習方法は違う記事で紹介していますので、気になったら下記をご覧ください。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】全身を使ってダブルキックの練習をしようhttps://www.kansaidrummermusiclife.com/double-kick こんにちは、慎太郎(@shint ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの話
-,

© 2021 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5