ドラムの練習

【ドラム】リズムパターンを使ったダブルキックの練習法

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

今回はタイトルのとおり、リズムパターンを用いたダブルキックの方法を紹介します。

 

フィルインのように使う時の練習方法は違う記事で紹介していますので、気になったら下記をご覧ください。

 

 

練習フレーズ

 

それでは早速紹介します。

 

今回は2つのフレーズを使ってどの拍でも踏めるようになるのが目的なので、1小節のなかにダブルキックを敷き詰めています。

 

お好きな方から取り掛かり、最終的どちらも出来るようになるのが目標です。

 

 

ドンドドタドンド

 

 

 

譜面が2種類ありますが、上の譜面は16分音符で、下の譜面は8部音符で書きました。

どちらも内容は同じなので、見やすい方を選んでください。

 

レッド・ツェペリンの「移民の歌」を彷彿とさせますね。

 

ドドンドタドドン

 

 

 

「ドドンド」と踏むのは珍しいので、少してこずるかもしれません。

 

踏みにくいからこそ、出来るようになる頃には別人のように足が動いています。

 

 

練習の注意点

 

テンポはゆっくりから始める

 

どんな練習もそうですが、必ずゆっくりから始めましょう。

 

今回のようなダブルを扱う練習は、速いテンポから練習したくなります。

ですがそうしてしまうと、しっかり身に付く事はありません。

 

3分間リズムキープをしながら叩けるようになったらテンポを上げる、というようにルールを作って練習してみてください。

 

ダブルを踏もうとしない

 

ダブルキックの練習なのにダブルはダメなの?と疑問に思うでしょうが、これには理由があります。

 

ダブルを踏もうとすると、足首を使って踏もうとしてしまいます。

その結果、音がしっかり出ない、2発目の音が聞こえないなど、実際の演奏には使えないものになってしまいます。

 

オススメの踏み方は、足首は使わず膝の上下を素早く行って踏む方法です。

 

身につけるまで時間はかかりますが、習得出来たら大きな武器となります。

 

音量はとにかく大きく

 

大は小を兼ねるの精神で、大きい音で踏みまくります。

バスドラムを壊すつもりで全体重をかけてガンガン踏みましょう。

 

大きい音を出すためには、足先だけでなく膝や太もも、そして体全体を使うことになります。

という事は、足の練習ではなく全身の練習となり、体が動きを覚えてくれます。

 

そうなると、不思議と体のバランスが良くなります。

ダブルキックはもちろん、フィルインを叩いてもブレることが少なくなるので、今後のドラミングが劇的に変わります。

 

さいごに

 

というわけで、今回はダブルキックの練習方法を紹介しました。

 

ダブルキックはどんなジャンル、どんな場面でも出てくるので、いつでも踏めるように練習しておきたいですね。

それに、ダブルキックや16分音符をしっかり踏めるようになると、8ビートが以前よりも格好良く聞こえるようになります。

 

今まで練習していた曲が叩きやすくなるはずなので、ぜひ試してみてください。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの練習 ドラムの話

2021/10/17

【ドラム】リズムパターンを叩く時の腕の動きについて【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   以前、リズムパターンを叩く際の音量バランスについて言及しました。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】リズムパターンの音量バランスってどうすればいいの?【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/volume-balanceこんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 ドラムを叩いていてこんなことありませんか? ・ドラムがうるさいと ...

ReadMore

ドラムの話

2021/9/10

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。   何それ?という方はこちらをご覧ください。 関西ドラマーの音楽日記【ドラム】ハイハットオープンの練習法【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/hhop こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 今回はハイハットオープンの奏法について紹介します。普段あまり使用し ...

ReadMore

その他の雑記

2021/8/6

夏は例え男でもおっさんでも日傘を使うべきだと思います

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     夏、来ましたね。   昔は小麦色の肌が健康の証!なんて言われていて、スポーツ焼けという言葉を耳にしたものです。(今も言ってんのかな) 僕の実家は山しかないド田舎だったので、涼しい風を浴びながら散歩したりなんかしていました。   家では何故かエアコン使用禁止だったので、扇風機で夏を凌いでいたものです。     目次1 暑くね?2 もうさ、日傘使いましょうよ2.1 女性 ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/8/1

【ドラム】パラディドルの練習法を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの教則本を買って読んでいると高確率で載っている練習、それがパラディドルです。   こんな練習何の意味があるの? とお思いの初心者さんは多いと思います。 僕もその中の一人でした。   ですが、後にかなり大切な練習だと実感し、今でも練習しておきたい内容だと思っています。   ということで今回は パラディドルとは? パラディドルの練習内容 パラディドルを練習する意味   を紹介し ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/7/18

【ドラム】リズムパターンを使ったダブルキックの練習法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回はタイトルのとおり、リズムパターンを用いたダブルキックの方法を紹介します。   フィルインのように使う時の練習方法は違う記事で紹介していますので、気になったら下記をご覧ください。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】全身を使ってダブルキックの練習をしようhttps://www.kansaidrummermusiclife.com/double-kick こんにちは、慎太郎(@shint ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの練習
-,

© 2021 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5