ドラムの話

【ドラム】カウントについて考えてみる

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

バンド演奏において、ドラマーがカウントをするのは一般的です。

 

このカウント、何となく叩いていませんか?

カウントをしっかり出せるだけで、演奏のクオリティが全く違うものになります。

 

というわけで今回は

カウントの重要性

カウントのコツ

カウントの種類

 

について解説します。

参考になれば幸いです。

 

カウントの重要性

 

カウントとはどんな時にするものでしょうか?

言うまでもありませんが、曲を始める時です。

そうです、カウントがなければ演奏が始まりません。

 

ちょっと大げさに言っちゃいましたね。

ですがカウントで曲の出来が決まるというのは、あながちウソではありません。

 

カウントには

曲の速さ

曲のビート

曲の雰囲気

 

を決めるという重要な役割があります。

 

これだけ大事なのにも関わらず、何となくカウントをしている人が多いのが事実です。

なので、上手くカウントをとれるようになる方法を紹介します。

 

 

カウントのコツ

 

ただカウントをするだけではなく、下記のコツを取り入れることで一気に格好良くなります。

 

カウントする前に曲をイメージして叩く

 

カウントをしてから曲について考える人が多いです。これは良くない例です。

勘違いしてはいけないのは、カウントは最後の作業である、という事です。

具体的には

  1. 曲を思い浮かべる
  2. 曲のテンポを意識する
  3. カウントをする

となります。

 

 

重要なのは、曲のテンポが明確になってからカウントをすることです。

 

何となくカウントをすると、変な速さで曲を演奏することになってしまいます。

気を付けましょう。

 

 

メトロノームを使う

 

カウントについて考えすぎてワケ分かんなくなった人にオススメです。

  1. メトロノームを鳴らす
  2. 曲をイメージする
  3. カウントをする

テンポが聞こえてくるので、時間をかけずに正確なカウントを出すことが出来ます。

 

 

余談ですが、僕は発表会で生徒さんのバックバンドとして演奏する時、必ずメトロノームを聞いてからカウントしています。

事故を無くし、安全に演奏できるようにするためです。

 

カウントの引き出しを増やしておく

 

実は、曲との相性が良いカウントというのが存在します。

そうなんです、カウントというのは1つだけではありません。

 

カウントをしっかり意識しているのになぜか演奏がふわふわしちゃう。

そんな時はカウントの仕方を変えると解決します。

 

スティック同士を叩くのか、ハイハットを叩くのか、はたまたクラッシュシンバルを叩くのか・・・。

選択肢は多いに越したことはないので、出来るだけ身につけておきましょう。

 

 

カウントの種類

 

色々なカウントがありますが、よく使うものをピックアップします。

 

1小節(ワンパート)カウント

 

「ワン、ツー、スリー、フォー」で始まるタイプです。

主にミドルテンポの曲で使います。カウントと共に声に出す人が多いです。

 

 

2小節(ツーパート)カウント

 

「ワーン、ツーウ、ワン、ツー、スリー、フォー」です。

1小節だけのカウントでは物足りないときに使用します。速い曲は大体こちらのカウントの方が採用されます。

 

 

カウント+フィルイン

 

格好良くキメたいときに使いましょう。

フィルインの数だけカウントの方法がありますね。

 

 

カウントも曲の一部

 

以前、世界的なビッグバンドである「カウント・ベイシー楽団」の公演を見に行ったのですが、カウントを聞いただけでどんな曲が始まるのかが分かりました。

言い過ぎじゃないの?と思うかもしれませんが、それぐらいカウントは曲の良し悪しを左右するものだと思っています。

 

この記事を読んで、カウントとは何か?というのをあなたなりに考えてみてください。

それが音楽力の向上につながり、良い演奏につながることになります。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの練習 ドラムの話

2021/10/17

【ドラム】リズムパターンを叩く時の腕の動きについて【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   以前、リズムパターンを叩く際の音量バランスについて言及しました。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】リズムパターンの音量バランスってどうすればいいの?【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/volume-balanceこんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 ドラムを叩いていてこんなことありませんか? ・ドラムがうるさいと ...

ReadMore

ドラムの話

2021/9/10

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。   何それ?という方はこちらをご覧ください。 関西ドラマーの音楽日記【ドラム】ハイハットオープンの練習法【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/hhop こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 今回はハイハットオープンの奏法について紹介します。普段あまり使用し ...

ReadMore

その他の雑記

2021/8/6

夏は例え男でもおっさんでも日傘を使うべきだと思います

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     夏、来ましたね。   昔は小麦色の肌が健康の証!なんて言われていて、スポーツ焼けという言葉を耳にしたものです。(今も言ってんのかな) 僕の実家は山しかないド田舎だったので、涼しい風を浴びながら散歩したりなんかしていました。   家では何故かエアコン使用禁止だったので、扇風機で夏を凌いでいたものです。     目次1 暑くね?2 もうさ、日傘使いましょうよ2.1 女性 ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/8/1

【ドラム】パラディドルの練習法を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの教則本を買って読んでいると高確率で載っている練習、それがパラディドルです。   こんな練習何の意味があるの? とお思いの初心者さんは多いと思います。 僕もその中の一人でした。   ですが、後にかなり大切な練習だと実感し、今でも練習しておきたい内容だと思っています。   ということで今回は パラディドルとは? パラディドルの練習内容 パラディドルを練習する意味   を紹介し ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/7/18

【ドラム】リズムパターンを使ったダブルキックの練習法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回はタイトルのとおり、リズムパターンを用いたダブルキックの方法を紹介します。   フィルインのように使う時の練習方法は違う記事で紹介していますので、気になったら下記をご覧ください。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】全身を使ってダブルキックの練習をしようhttps://www.kansaidrummermusiclife.com/double-kick こんにちは、慎太郎(@shint ...

ReadMore

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの話
-,

© 2021 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5