ドラムの練習

【ドラム】6連符のコツや練習法について

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

なんかスリリングなフィルイン叩きたいなぁ

 

16分音符ばかりでフィルインを叩いていると、段々飽きてしまいますよね。

そんな時は6連符を叩いてみましょう。

ぎゅうぎゅうに詰め込むフィルインなので、使いこなせるようになるとスピード感を出すことが出来ます。

 

 

ちなみに譜面で書くとこんなやつです。

数が多すぎてみっちみちですね。

 

6連符には色々な種類がありますので、いっぱい叩いて覚えちゃいましょう!

 

6連符を綺麗に叩くには3連符をマスターしておこう

 

早速6連符の正体を言いますが、端的に言うと速い3連符です。

3連符を2つくっつけると、6連符になります。

 

それだけ?となるかもしれませんね。

なので動画で確認してみましょう。

 

 

 

 

動画では♩=120で3連符を叩いた後、♩=60で6連符を叩きました。

それなのに連打の速さは全く同じですね。

 

考え方としては、6連符を叩くテンポ×2倍の速さの3連符が叩くべき速さになります。

ですので、♩=70で6連符を叩きたければ♩=140の3連符を、♩=100ならば♩=200の3連符を練習してみましょう。

 

 

さらに、叩く時の意識の仕方ですが、6連符は

|タカタカタカ|タカタカタカ|タカタカタカ|タカタカタカ|

とは数えるのはオススメしません。

 

正確には

|タカタ:タカタ|タカタ:タカタ|タカタ:タカタ|タカタ:タカタ|

と数えると、ズレにくくなります。

 

 

6連符のバリエーション

 

それでは6連符の種類を少しお見せします。

よく使うものばかりになっているので、これ格好良いなと思うものがあったら、一緒に練習しましょう。

手順がとても重要になるので、間違えないように気を付けてください。

 

タカタカタン(RLRLR×)

 

 

タカタタンタ(RLRL×L)

 

 

タンタタカタ(R×RLRL)

 

 

ターンタカタ(R××LRL)

 

 

タカタターン(RLRL××)

 

 

6連符を使ったフィルイン

 

それでは練習した6連符を使ってフィルインを叩てみましょう。

ここでは4つほど紹介します。

そのまま叩いても良いですし、これらを基にしてオリジナルのフィルインを考えてもオッケーです。

 

その1

 

最後に6連符を入れてスピード感を出しています。

 

その2

 

ガッツリ6連符を叩いています。

6連符を3つ割りしてタム移動する方法はよく使います。

 

その3

 

 

足を使用したフィルインです。

急に転落したように聞かせることが可能です。

 

その4

 

 

すき間が多いフィルインです。

休符がポイントになります。

 

 

使い過ぎないように注意

 

フィルインを見てもらうと分かるように、聞いている人に「お?」と思わせることが出来るのが6連符の強みです。

適度に使用することが出来ると、ジェットコースターのようなイメージを与えることが出来る楽しい音符です。

 

しかしこの6連符、使いすぎると一気に飽きられて面白味を感じなくなります。

過去に知り合いがライブで6連符を多用していたのですが、最初は良くても段々慣れてきて「どうせ次も6連でしょ?・・・ほらね」と思ったことを覚えています。

なので、くどく感じさせない量で勝負するのがカギになります。

 

僕が思う適度な量ですが、1曲に1,2回が限度かなと考えています。

一瞬の「お?」を得るためには調子に乗らずに使い過ぎないことが大事になってきます。

 

というわけで、皆さんも用法要領を守って正しく叩いてください。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

※3連符から練習したい方はこちらをどうぞ

 

 

ドラムの練習 ドラムの話

2021/10/17

【ドラム】リズムパターンを叩く時の腕の動きについて【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   以前、リズムパターンを叩く際の音量バランスについて言及しました。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】リズムパターンの音量バランスってどうすればいいの?【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/volume-balanceこんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 ドラムを叩いていてこんなことありませんか? ・ドラムがうるさいと ...

ReadMore

ドラムの話

2021/9/10

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。   何それ?という方はこちらをご覧ください。 関西ドラマーの音楽日記【ドラム】ハイハットオープンの練習法【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/hhop こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 今回はハイハットオープンの奏法について紹介します。普段あまり使用し ...

ReadMore

その他の雑記

2021/8/6

夏は例え男でもおっさんでも日傘を使うべきだと思います

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     夏、来ましたね。   昔は小麦色の肌が健康の証!なんて言われていて、スポーツ焼けという言葉を耳にしたものです。(今も言ってんのかな) 僕の実家は山しかないド田舎だったので、涼しい風を浴びながら散歩したりなんかしていました。   家では何故かエアコン使用禁止だったので、扇風機で夏を凌いでいたものです。     目次1 暑くね?2 もうさ、日傘使いましょうよ2.1 女性 ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/8/1

【ドラム】パラディドルの練習法を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの教則本を買って読んでいると高確率で載っている練習、それがパラディドルです。   こんな練習何の意味があるの? とお思いの初心者さんは多いと思います。 僕もその中の一人でした。   ですが、後にかなり大切な練習だと実感し、今でも練習しておきたい内容だと思っています。   ということで今回は パラディドルとは? パラディドルの練習内容 パラディドルを練習する意味   を紹介し ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/7/18

【ドラム】リズムパターンを使ったダブルキックの練習法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回はタイトルのとおり、リズムパターンを用いたダブルキックの方法を紹介します。   フィルインのように使う時の練習方法は違う記事で紹介していますので、気になったら下記をご覧ください。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】全身を使ってダブルキックの練習をしようhttps://www.kansaidrummermusiclife.com/double-kick こんにちは、慎太郎(@shint ...

ReadMore

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの練習
-,

© 2021 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5