ドラムの話

【ドラム】速い曲を叩けるようになる練習方法について

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

テンポが速い曲って、叩けるようになるとカッコよく見えますよね。

例えばこんな曲とか

 

こんな曲とか。

 

 

 

叩けるように頑張ろう!と息巻いて練習するも、なかなか思うように上達しないと思います。

 

あまりにも出来ずに「もしかして自分には才能がないのか?」とマイナス思考になってしまう方もいるかもしれません。

ですが、そんな事はありません。

 

実は、速い曲を叩けるようになる考え方というものが存在します。

これを駆使すると、誰でもテンポアップを見込めます。

 

 

というわけで今回は、曲の練習に行き詰った時のテンポアップの方法を紹介します。

この考え方を知っているか知らないかで練習の質も変わってくるので、ぜひ知っていただきたいです。

 

 

テンポを1ずつ上げる

 

結論から言いますが、自分が叩けるテンポを1ずつ上げていきましょう。

 

例えば、あなたが叩けるリズムパターンの限界テンポが♩=130で、叩きたい曲のテンポが♩=160だとします。

単純に30足りていませんね。この状態で曲と合わせて叩くと、曲が速すぎて演奏にならないかと思います。

 

 

そこで、メトロノームを♩=131に設定して曲の練習をします。

♩=130とほぼ変わらない速さなので、問題なく叩けると思います。

それが出来たら次は♩=132にする、というようにこの作業を繰り返していきます。

テンポを1ずつ上げるだけならそんなに苦労は感じないので、気軽に試してください。

 

 

そのまま♩=160まで練習を続けても良いのですが、繰り返しているうちに曲自体の練習にもなります。

♩=150あたりまで叩いて演奏の安定感がでてくるようであれば、曲に合わせて練習してみましょう。

 

 

結果を急ぐと不格好になる

 

若い人に多いのですが、楽器の練習と聞くと、曲と合わせて練習することと思う方が多いように感じます。

どうしても華やかなイメージが付きまといますね。

 

ですが実際には、メトロノームと合わせながらじっくり練習することがほとんどです。

そうです、地味です。

 

この地味さが嫌になって曲と合わせたくなる気持ちはとても分かります。

僕も最初はそちら側の人間でした。

 

僕がドラムを始めたのは高校生のときです。

若さゆえに速い曲が大好きだったので、曲に合わせてひたすら叩いていました。

楽しくはあったのですが、1曲をまともに叩けるようになるまで年単位の時間がかかったことを覚えています。

 

その後、ドラムの先輩や先生に上記の方法での練習を勧められます。

半信半疑ながらに実践すると、しっかり効果が出て速い曲を難なく叩けるようになりました。

 

それからは、自分の叩けるテンポからじっくり練習をしています。

 

 

継続が大事

 

言うまでもありませんが、こういった練習は続けることが大事になってきます。

 

このようなフィジカル面の練習の注意点は、1度休むと元に戻ってしまうところです。

なるべく休まずに、1日3~5分でも良いので続けてください。

そうすれば、1か月後には別人みたいに叩けるようになります。

 

そして地道に続けていると、次第に体が動きを覚えていきます。

目標としていた曲の演奏だけでなく、今後の曲の練習にも活きてきます。

 

 

さいごに

 

今回は、速い曲が叩けるようになる僕なりの練習方法を紹介しました。

色々試してきましたが、ムリをせずに叩けるようになるには、自分の制御できるテンポから徐々に速くしていく。これしかないと思います。

 

いきなり速いテンポで挑戦すると、ムリして叩くために変な姿勢になってしまいます。

すると体の故障の原因になったり、体力を使いすぎてバテやすくなったりと、良いことがありません。

 

最初はつまらない練習と思うかもしれませんが、騙されたと思って実践してみてください。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの練習 ドラムの話

2021/10/17

【ドラム】リズムパターンを叩く時の腕の動きについて【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   以前、リズムパターンを叩く際の音量バランスについて言及しました。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】リズムパターンの音量バランスってどうすればいいの?【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/volume-balanceこんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 ドラムを叩いていてこんなことありませんか? ・ドラムがうるさいと ...

ReadMore

ドラムの話

2021/9/10

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。   何それ?という方はこちらをご覧ください。 関西ドラマーの音楽日記【ドラム】ハイハットオープンの練習法【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/hhop こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 今回はハイハットオープンの奏法について紹介します。普段あまり使用し ...

ReadMore

その他の雑記

2021/8/6

夏は例え男でもおっさんでも日傘を使うべきだと思います

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     夏、来ましたね。   昔は小麦色の肌が健康の証!なんて言われていて、スポーツ焼けという言葉を耳にしたものです。(今も言ってんのかな) 僕の実家は山しかないド田舎だったので、涼しい風を浴びながら散歩したりなんかしていました。   家では何故かエアコン使用禁止だったので、扇風機で夏を凌いでいたものです。     目次1 暑くね?2 もうさ、日傘使いましょうよ2.1 女性 ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/8/1

【ドラム】パラディドルの練習法を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの教則本を買って読んでいると高確率で載っている練習、それがパラディドルです。   こんな練習何の意味があるの? とお思いの初心者さんは多いと思います。 僕もその中の一人でした。   ですが、後にかなり大切な練習だと実感し、今でも練習しておきたい内容だと思っています。   ということで今回は パラディドルとは? パラディドルの練習内容 パラディドルを練習する意味   を紹介し ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/7/18

【ドラム】リズムパターンを使ったダブルキックの練習法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回はタイトルのとおり、リズムパターンを用いたダブルキックの方法を紹介します。   フィルインのように使う時の練習方法は違う記事で紹介していますので、気になったら下記をご覧ください。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】全身を使ってダブルキックの練習をしようhttps://www.kansaidrummermusiclife.com/double-kick こんにちは、慎太郎(@shint ...

ReadMore

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの話
-

© 2021 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5