ドラムの練習

【ドラム】16ビートを叩こう【シングルハンド・オルタネート】

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

今回は16分音符を利用したビートを紹介します。

通称16ビートってやつですね。

ハイハットをたくさん叩きますので、音色にも注意して練習しましょう。

 

※足が16分音符のビートはこちらへどうぞ

片手16分音符を使った叩き方(シングルハンド)

 

まずは右手だけで16分音符を叩く方法から紹介します。

こういった叩き方をシングルハンドと言います。

何か格好良いので覚えておきましょう。

 

ハイハット+スネアドラム

 

 

|ツクツク|タクツク|ツクツク|タクツク|

と聞こえたらバッチリです。

 

右手の動かし方ですが、慣れないうちはフラットに叩いても大丈夫ですが、更により良くしたいならアクセント奏法を利用しましょう。

 

これ

バスドラムを追加

 

 

 

まずは1発目のハイハットにバスドラムを合わせていきます。

これ自体はそんなに難易度は高くはないので、次に進みましょう。

 

バスドラムを増やしてみる

 

その1

 

よくあるミスとしては、

|ドクツク|タクツク|ドツドツ|タクツク|

の3拍目のドツドツで、バスドラムを急ぎ過ぎてドドツツになってしまうケースです。

 

遅いテンポから始めて確実に叩けるようにしましょう。

 

その2

 

 

 

ダブルキックが出てきます。

ダブルという言葉に惑わされずに、一発一発をしっかり踏みましょう。

 

実際の曲での使用例

 

Tangled/Maroon 5

 

Maroon 5の超名盤からの選出です。

有名曲にSunday Morningがあるのでぜひ聞いてみてください。

 

この曲はすべて右手16分音符ですが、0:42~のサビで叩いているビートを紹介します。

 

 

 

 

両手16分音符を使った叩き方(オルタネート)

 

こちらでは、両手でハイハットを叩く奏法を紹介します。

先程のシングルハンドに対して、こちらはオルタネートと言います。

シングルハンド・オルタネートはセットで覚えちゃいましょう。

 

ハイハット+スネアドラム

 

 

右手でスネアドラムを叩くので最初は違和感が凄いですが、正直慣れです。

回数をこなしていけば問題なくなります。

 

シングルハンドと譜面が一緒に見えますが、よく見るとスネアドラムの上に✕マークがありません。

判断材料はこれだけなので、注意しておきましょう。

 

叩てみると分かりますが、両手で叩く性質上、どんどん速くなってしまいます。

なるべくメトロノームを使用して練習しましょう。

 

バスドラムを追加

 

 

 

注意点は、音量操作です。

両手でハイハットを叩くので、気が付いたら

|ドクツク|タクツク|ドクツク|タクツク

このようにハイハットがとにかくうるさくなります。

 

ハイハットはこれでもかというぐらい音を小さくしましょう。

 

バスドラムを増やしてみる

 

その1

 

 

バスドラムは右手のハイハットと同じタイミングで踏むので、右手先行で考えて叩くと良いかと思います。

 

その2

 

 

左手のハイハットとバスドラムを合わせるのが少し難しいかもですが、やはりじっくり練習するしかありません。

メトロノームを倍の速さで鳴らして練習するなど、工夫してみてください。

 

実際の曲での使用例

 

Pretender/Official髭男dism

 

大人気の髭男ですね。言うまでもない名曲です。

イントロやサビでガンガン叩いていますね。

ドラムだけ抜き出すとこんな感じです。

 

 

 

さいごに

 

今回は16分音符を利用したビートという事で、一気に2種類紹介させていただきました。

 

どちらも曲のバリエーションを増やすにはとても大事な奏法です。

 

個人的な見解になりますが、同じ16ビートでも曲に及ぼす効果は結構違ってきます。

まとめてみると

シングルハンドは遅いテンポを確実に叩ける奏法。バラードを演奏する時に隙間を生まない叩き方。

オルタネートはテンポ問わず使用可能。きらびやかな演奏に最適。

こんな感じです。

 

ただ形を叩くだけではなく、ハイハットを増やすことによってどのような効果が生まれるかを考えながら叩くと、今後の音楽の見方も変わってきます。

 

体だけではなく、頭も使って練習してみてください。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの練習 ドラムの話

2021/10/17

【ドラム】リズムパターンを叩く時の腕の動きについて【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   以前、リズムパターンを叩く際の音量バランスについて言及しました。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】リズムパターンの音量バランスってどうすればいいの?【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/volume-balanceこんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 ドラムを叩いていてこんなことありませんか? ・ドラムがうるさいと ...

ReadMore

ドラムの話

2021/9/10

ハイハットオープンを綺麗に鳴らす方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの基本的な演奏法の1つに、ハイハットオープンがあります。   何それ?という方はこちらをご覧ください。 関西ドラマーの音楽日記【ドラム】ハイハットオープンの練習法【初心者】https://www.kansaidrummermusiclife.com/hhop こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 今回はハイハットオープンの奏法について紹介します。普段あまり使用し ...

ReadMore

その他の雑記

2021/8/6

夏は例え男でもおっさんでも日傘を使うべきだと思います

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     夏、来ましたね。   昔は小麦色の肌が健康の証!なんて言われていて、スポーツ焼けという言葉を耳にしたものです。(今も言ってんのかな) 僕の実家は山しかないド田舎だったので、涼しい風を浴びながら散歩したりなんかしていました。   家では何故かエアコン使用禁止だったので、扇風機で夏を凌いでいたものです。     目次1 暑くね?2 もうさ、日傘使いましょうよ2.1 女性 ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/8/1

【ドラム】パラディドルの練習法を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラムの教則本を買って読んでいると高確率で載っている練習、それがパラディドルです。   こんな練習何の意味があるの? とお思いの初心者さんは多いと思います。 僕もその中の一人でした。   ですが、後にかなり大切な練習だと実感し、今でも練習しておきたい内容だと思っています。   ということで今回は パラディドルとは? パラディドルの練習内容 パラディドルを練習する意味   を紹介し ...

ReadMore

ドラムの練習

2021/7/18

【ドラム】リズムパターンを使ったダブルキックの練習法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回はタイトルのとおり、リズムパターンを用いたダブルキックの方法を紹介します。   フィルインのように使う時の練習方法は違う記事で紹介していますので、気になったら下記をご覧ください。   関西ドラマーの音楽日記【ドラム】全身を使ってダブルキックの練習をしようhttps://www.kansaidrummermusiclife.com/double-kick こんにちは、慎太郎(@shint ...

ReadMore

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの練習
-,

© 2021 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5