ドラムの練習

【ドラム】タイ、シンコペーションの解説と実例

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

今回は、タイ、シンコペーションについて解説していきます。

譜面を読むうえで最初につまづくことが多いです。

 

しかし楽曲には必要不可欠な要素になるので、ぜひ知っていただきたいです。

実際にどのように使用されているかも紹介しますので、参考になれば幸いです。

 

タイとは

 

まずタイについて紹介します。

調べてみると

タイ(英: tie)は、楽譜に用いられる演奏記号のひとつで、継時的に連続する2つの同じ高さの音符を弧線によって結ぶことによって、ひとつの音符のようにつなげて演奏することを表す。

wikipediaより引用

とあります。

 

譜面で↓のようなマークを見たことがあると思います。

笑っているように見えますね。

この2つの音符をつなげたように見える記号がタイと言います。

 

ドラムの場合

 

先程、「タイとは音符をつなげて演奏する」と紹介しましたが、ドラムは音をつなげることが出来ません。

ではどうすればいいのか?

 

 

タイでつなげた前半部分は叩き、後半部分は叩かないという方法を取ります。

このルールがとても大切になりますので覚えておいてください。

 

シンコペーションとは

 

それではシンコペーションの説明に入ります。

タイと同様に、まずは調べてみましょう。

 

シンコペーションsyncopation切分法)とは、西洋音楽において、拍節の強拍と弱拍のパターンを変えて独特の効果をもたらすことを言う。主に、弱拍の音符を次の小節の強拍の音符とタイで結ぶ、強拍を休止させる、弱拍にアクセントを置く、の3つの方法がある。俗語として「食う」と表現する場合もある。

wikipediaより引用

 

なんだか小難しそうな話になりましたね。

ここでは「強拍」「弱拍」にスポットライトを当てて解説していきます。

 

まずは↓の譜面をご覧ください。

これを叩く場合、スティックはどのように動かしますか?

おそらく叩いた後にスティックを振り上げる動作を行うと思います。

細かく言うと、音符と音符の間で振り上げています。

↓のような動きになりますね。

カウントを付けるなら、「1エン2エン3エン4エン(ワンエン・ツーエン・スリーエン・フォーエン)」となります。

数字の時に叩き、エンで振り上げます。

この叩く時(数字)を強拍、振り上げる時(エン)を弱拍と言います。

 

シンコペーションとは、この弱拍部分を強引に強拍部分に変更することを言います。

 

シンコペーションの使用例

 

シンコペーションの説明をしましたが、百聞は一見に如かずと言いますので、実際にどのように使用するのか見てみましょう。

 

 

 

タイが使用されていますね。ということは、叩いてはいけない音符が存在します。クラッシュシンバルの次のハイハットとバスドラムですね。

 

ちなみに、脳内では↓のように変換しています。

 

あなたが練習している曲にシンコペーションが出てきた場合、このように譜面を考えてみると解決するかもしれません。

 

フィルイン+シンコペーション

 

曲中では、フィルインを叩いてからシンコペーションに移行することが多いです。

3つほど例を紹介しますので、参考程度に見てみてください。

 

その1

 

 

 

その2

 

 

 

その3

 

 

 

実際に曲で使用すると

 

それでは実際の曲でどのようにシンコペーションを使用するのかを確認しましょう。

今回は2曲用意しました。

 

やさしいキスをして/DREAMS COME TRUE

 

 

1:55~の部分です。「あなたは~」という歌詞に合わせてシンコペーションしています。

ドラムだけ抜き出すとこのようになります。

 

 

 

イージュー★ライダー/奥田民生

 

 

イントロのフレーズにシンコペーションを使用しています。

確認してみましょう。

 

 

 

さいごに

 

今回はシンコペーションについて解説しました。

それらしく説明をしていますが、全てを完璧に理解しなければいけないかというと、そういうわけではありません。

 

僕はドラムを独学で始めたのですが、曲によく出てくるからという理由で何となくシンコペーションを叩けていて、後から言葉の意味だったり楽曲への効果を知りました。

最初の頃なんかスネアドラムの後にクラッシュシンバル叩けばオッケーと思っていましたし、今でもスネアドラム+クラッシュシンバルで「タジャーン」って鳴れば大丈夫と思っています。

 

まずは今回の動画を見て動きを覚えてくれたらと思います。

 

焦らずじっくりやってみましょう。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの練習

2022/8/13

【ドラム】シャッフルの叩き方、考え方を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   みなさんはシャッフルというリズムをご存知でしょうか?   聞いたことはあるけどよくわかんないな シャッフル?シェイクじゃなくて?   今回はそんなシャッフルについて紹介します。   参考になれば幸いです。     目次1 シャッフルとは?1.1 シャッフルのリズム2 シャッフルを叩こう2.1 足をシャッフルに2.1.1 ドーンターンドッドターン2.1.2 ドーンターンツ ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/8/7

【ドラム】曲の締め方を紹介します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ライブしてると、曲の締め方に困るという相談を受けます。 全部同じにしたら何かカッコ悪い、でもバリエーションが思い浮かばない。   レッスンでもよく聞かれます。   曲の締め方がわからないよ   適当に連打したら良いんですよ   その適当がわかんない   ごめんなさい   ということで、いくつか叩いてみました。 これからライブする方の参考になれば幸いです。 &n ...

ReadMore

ドラムの話

2022/7/16

【ドラム】スティックを使い分けるという考え方

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラマーってスティックにこだわりがあると思うんですよね。 直接触れずに演奏するわけですから、当然だと思います。   「こいつが相棒」と言わんばかりに同じスティックを使い続けている人も少なくはないはずです。     ところが僕の場合、過去にバンドを幾つか掛け持ちしていることもあり、多ジャンルを同時進行していたことがあります。 その関係で、スティックを複数使い分けていました。   これが結構良い効 ...

ReadMore

ドラムの話

2022/7/7

【ドラム】ZildjianのKeropeシンバル音良いゾ【ジャズ】

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 みなさん、ジャズ好きですか? 僕は大好きです。 特に1950年代のハードバップと呼ばれる時代を特に好んで聴いています。 よく↓をガッツリ聞いていました。   リンク   リンク   リンク   ありがたいことに、ご縁があってビッグバンドやジャズセッションのホストを過去にさせていただきました。   お陰様で少しだけジャズの輪郭が見えてきたような気がします。   「本物を演奏したいなら音から ...

ReadMore

音楽雑記

2022/6/19

【音楽】反対意見・批判に関する話

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ライブをした時や演奏動画をSNSに上げた時、何かしらコメントをもらったりすることがあります。   ライブならライブハウスの人や見に来てくれたお客さん、演奏動画なら不特定多数の人から言われたりしますよね。   良かったよ! また見たいな! 次何かするなら教えてよ!   こんな事を言われると嬉しくなりますね。   頑張りが報われたな、やって良かったなと感じる瞬間です。 それと同時に、 ...

ReadMore

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

植村慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの練習
-,

© 2022 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5