ドラムの練習

【ドラム】バスドラムの操作制度を上げる練習

 

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

ドラムの練習、たくさんしていますか?

スティックコントロールやタム回しも良いですが、それと同じくらいバスドラムの練習も大事になってきます。

 

リズムパターンを通して練習しても良いのですが、右足に特化した訓練を行うと、更に自由度が向上します。

 

という事で今回は、バスドラムに重きを向けた練習方法を紹介します。

 

動画でも解説しますので、参考になれば幸いです。

 

 

フィルインの隙間でバスドラムを踏む練習

 

今回使うのはこちらの練習です。

このフレーズの休符や叩いていない部分にバスドラムを入れていきます。

それでは、どのように叩くかを解説していきます。

 

ドタタタ

 

 

R=右手、L=左手、K=右足となります。手順に注意してください。

アタマにバスドラムが入っているので、難易度はまだ高くはありません。

 

タドタタ

 

 

 

バスドラムがしっかりスネアドラムの間に入ることを意識しましょう。

 

タタドタ

 

 

 

タタンタは叩きにくい部類に入るので、手が安定しているか確認しながら叩きましょう。

 

タタタド

 

 

 

フィルインでよく使用する形です。しっかり練習していつでも叩けるようにしておきたいですね。

 

全部つなげる

 

 

叩けるようになるには脳みそと体をフル稼働しないといけませんね。

ハイスピードを目指さずゆっくり叩いて、音の粒を揃えられるように叩けるのを目標にしてください。

 

 

この練習の注意点

 

今回の練習における注意点を挙げておきます。

何か上手くいかないと思ったら、読んでください。

 

いきなりメトロノームを使わない

 

初めからメトロノームを使うと、大体失敗します。

動きに慣れていないのに、リズムキープも意識しなければいけなくなるからです。

 

まずはテンポは気にせず、形を安定させることを優先しましょう。

1分以上叩き続けても崩れなくなったらメトロノームを使ってください。

 

体のバランスは一定に

 

バスドラムを使用するトレーニング全般に言えることですが、体のバランスが崩れないようにしましょう。

 

どんなに音が良くても体の軸がブレていると、実践で使うのは困難です。

体がブレないようにするコツは、腰に重心を置く事です。腰とお尻でどっしりと支えるイメージで叩きましょう。

 

全ての音量を一定にする

 

初心者に多いのですが、こういった練習はバスドラムだけ音が小さくなってしまいがちです。

それもそのはずで、すべて同じ力で叩くとバスドラムだけ聞こえづらくなります。

 

これには太鼓の大きさや音の質が関係しています。

それについては割愛しますが、ここでは足を思いっきり踏まないといけない!という事だけ考えたら大丈夫です。

 

音量の比率が「タタタ」と思いながら叩いて、やっと同じ音量に聞こえます。

 

バスドラムの打面を踏み破る勢いで鳴らしましょう。

 

 

さいごに

 

今回紹介した練習を続けると、バスドラムの操作性が格段に上がります。

 

それに、太鼓を叩いていない時にバスドラムを踏むとフレーズに立体感が生まれます。

これを極めるとどうなるのか?その答えが↓です。

 

 

2:45からドラムソロが始まりますが、とんでもないことになっていますね。

実はこのドラムソロも、隙間をバスドラムで埋めています。

それだけで(”だけ”というのは失礼ですが)このように格好良いドラムソロが叩けます。

 

 

バスドラムを自由に操れるようになると、フィルインやリズムパターンの選択肢が今まで以上に多くなります。

その結果、叩ける曲の数が増えて、さらに音楽が楽しくなります。

 

このように、これからの可能性が広がっていく練習にもなりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

※関連記事

 

 

ドラムの練習

2022/8/13

【ドラム】シャッフルの叩き方、考え方を解説します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   みなさんはシャッフルというリズムをご存知でしょうか?   聞いたことはあるけどよくわかんないな シャッフル?シェイクじゃなくて?   今回はそんなシャッフルについて紹介します。   参考になれば幸いです。     目次1 シャッフルとは?1.1 シャッフルのリズム2 シャッフルを叩こう2.1 足をシャッフルに2.1.1 ドーンターンドッドターン2.1.2 ドーンターンツ ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/8/7

【ドラム】曲の締め方を紹介します【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ライブしてると、曲の締め方に困るという相談を受けます。 全部同じにしたら何かカッコ悪い、でもバリエーションが思い浮かばない。   レッスンでもよく聞かれます。   曲の締め方がわからないよ   適当に連打したら良いんですよ   その適当がわかんない   ごめんなさい   ということで、いくつか叩いてみました。 これからライブする方の参考になれば幸いです。 &n ...

ReadMore

ドラムの話

2022/7/16

【ドラム】スティックを使い分けるという考え方

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ドラマーってスティックにこだわりがあると思うんですよね。 直接触れずに演奏するわけですから、当然だと思います。   「こいつが相棒」と言わんばかりに同じスティックを使い続けている人も少なくはないはずです。     ところが僕の場合、過去にバンドを幾つか掛け持ちしていることもあり、多ジャンルを同時進行していたことがあります。 その関係で、スティックを複数使い分けていました。   これが結構良い効 ...

ReadMore

ドラムの話

2022/7/7

【ドラム】ZildjianのKeropeシンバル音良いゾ【ジャズ】

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。 みなさん、ジャズ好きですか? 僕は大好きです。 特に1950年代のハードバップと呼ばれる時代を特に好んで聴いています。 よく↓をガッツリ聞いていました。   リンク   リンク   リンク   ありがたいことに、ご縁があってビッグバンドやジャズセッションのホストを過去にさせていただきました。   お陰様で少しだけジャズの輪郭が見えてきたような気がします。   「本物を演奏したいなら音から ...

ReadMore

音楽雑記

2022/6/19

【音楽】反対意見・批判に関する話

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   ライブをした時や演奏動画をSNSに上げた時、何かしらコメントをもらったりすることがあります。   ライブならライブハウスの人や見に来てくれたお客さん、演奏動画なら不特定多数の人から言われたりしますよね。   良かったよ! また見たいな! 次何かするなら教えてよ!   こんな事を言われると嬉しくなりますね。   頑張りが報われたな、やって良かったなと感じる瞬間です。 それと同時に、 ...

ReadMore

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

植村慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの練習
-,

© 2022 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5