ドラムの練習

【ドラム】オープンリムショットって何?叩き方とコツを紹介します

こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。

 

ドラムの奏法でオープンリムショットというのがあります。聞いたことありますか?

 

・聞いたことあるけどよくわかんない

・知ってるけど出来ない

・そもそも必要なの?

 

そんな方に向けて紹介していきます。

 

オープンリムショットとは

 

スネアドラムを叩くときに用いる奏法の1つです。

 

通常、スネアドラムを叩くときは打面の真ん中を狙って叩くものです。

 

こんな感じ

 

 

スネアドラムのフチに金属部分の輪っかがあります。これを「リム」や「フープ」と言います。

 

打面と同時にこのリムも一緒に叩くことをオープンリムショットと言います。

 

こんな風に叩きます。

 

 

叩いた時の感触が変わり、音に高音が乗れば成功です。

 

それでは叩き比べてみましょう。

 

前半は普通に、後半はオープンリムショットで叩いています。

 

 

後半は叩いた後、音が広がっているように聞こえますね。

 

オープンリムショットの必要性

 

バンドをやっていると、オープンリムショットが必要というか絶対できないとダメという風潮になっています。

 

「オープンリムショットの音が苦手なんだよ!」「別にできなくても演奏できるよ?」なんて方もいらっしゃると思いますので、何故必要なのかを掘り下げていきます。

 

 

みんなやっているから

 

出たよ周りを見て動く日本人wwwとか思われそうなので誤解を解いていきます。

 

 

みんなやっている=常識というレベルなのです。

 

今まで出会ってきたプロドラマーの中でオープンリムショットを知らない、叩けない人はゼロでした。

 

それぐらい当たり前すぎて、出来なければ天然記念物レベルなんです。

 

音が簡単に大きくなるから

 

対エレキで演奏するなら必須になります。(ロックバンドとか)

 

大きな会場になると、オープンリムショットが出来なければスネアドラムが全く聞こえなくなります。

 

大きい音を力任せに出すと疲れるし、体を痛めちゃう。そんなときに便利です。

 

この動画でも活用しています。もちろん力は入っていません。

 

 

楽して大きい音、便利です。

 

音色を増やせるから

 

格好良く言うと、表現の幅が広がります。

 

1つの楽器で何種類もの音を出すことができると、アプローチの方法も変わります。

 

前述した音量の差や音色の違いという抑揚をつけることが出来て、楽曲の表情がどんどん変わっていきます。

 

そうなると、音楽の楽しみ方が増えていきます。

 

出来ない場合は腕を意識しよう

 

「挑戦してるけどなかなかできない」「リムばかりに当たってカツカツ言っちゃう」

 

こんな声をよく耳にします。

 

ぶっちゃけ数こなすしかないんですけど、ちょっとしたコツを紹介します。

 

オープンリムショットを狙うと、打面とリムの両方に当てないといけないという変なプレッシャーからか、手首を動かして叩いている人をよく見かけます。

これ1番よくないんです。

 

 

よく「小手先だけ」なんて言葉を聞きますが、まさにこれです。

じゃあどうすればいいのか?

 

 

腕を使って振り下ろしましょう。

 

これで練習すると実践でも使いやすくなります。お試しあれ。

 

さいごに

 

オープンリムショットを習得したいけど、なかなか叩けない。そんな方いらっしゃると思います。

 

僕が叩けなくて困っていた頃、当時指導してくださった先生から

 

「1万発叩けばできるよ」

なんてありがたいお言葉をいただきました。

 

 

衝撃的過ぎて今でも鮮明に覚えています。結局数なんですよね。

 

道のりは長いかもしれませんが、習得できると一生困りません。

 

格好いい演奏をしている未来の自分を想像して、頑張ってモノにしましょう。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ドラムの話

2022/5/18

【ドラム】演奏動画はファンタジー【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   楽器を練習するうえで、演奏動画を見ることはとても大切なことです。   特にドラムは、体の動きが音に反映されることもあるので、時には「聴く」よりも「見る」ことが重要になったりします。   僕が学生の頃は、好きなアーティストのライブDVDを見てたまーに映るドラマーの動きを丸々真似していました。 そんなDVDも今やYouTubeで無料で見られる時代。 嬉しいような、悲しいような。   &nbsp ...

ReadMore

音楽雑記 ドラムの話

2022/3/20

【iPad】楽器のレッスンや練習で使えるアプリを紹介します

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。     iPad買いました。(嬉しい)   12/30に注文して今日やっと届きました。 今年1番はしゃいでいます。#iPad pic.twitter.com/WAVbaz18wi — 慎太郎 (@shintaro_163cm) February 15, 2022   周りの先輩方から、「iPadあると何かと便利よ。持っといて損はないよ」と結構言われていました。   10年前になんとな ...

ReadMore

ドラムの話

2022/2/19

【ドラム】センスって何?磨き方を考える【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   あのドラマー、センスあるよなぁ   こんなことを耳にしたことはありませんか?   何か、良い感じの演奏やカッコいい演奏に対して使われるこの言葉。 ドラムを叩いている以上、言われてみたい言葉でもあります。   そのためには、センスを身につけなければいけません。   そもそもセンスってなに? どうやってセンスって身につくの?   今回は、このセンスという掴みどころがない言葉 ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/2/6

ダブルストロークの練習方法

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回は、ドラムをやっていると誰もが憧れる、ダブルストロークについてお話ししようと思います。     ダブルストローク、叩けるとカッコいいですよね。   生まれて初めてダブルストロークを叩いている人を見たとき、「化け物だ」と思ったのを覚えています。   そんなダブルストローク、略してダブルですが、地道な練習と少しのコツの上に成り立っています。 今回は、その練習方法とコツを紹介します ...

ReadMore

ドラムの練習

2022/1/31

【ドラム】フラムを叩いてみよう【初心者】

  こんにちは、慎太郎(@shintaro_163cm)です。   今回は、ルーディメンツの1つであるフラムを紹介します。   フィルインでよく使っている印象ですが、身につくと大きな武器になりますので、是非覚えていただきたい内容になっています。   フラムを叩く上でのコツや注意点、練習方法も紹介しますので、是非読んでください。     目次1 フラムって何?2 フラムを譜面で見てみよう3 フラムのコツは高低差4 フラムを使った練習4.1 フラムタ ...

ReadMore

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

慎太郎

ドラム歴15年以上。 ドラム講師歴10年以上。 普段は某大手音楽教室でドラムの先生してます。 好きな音楽はポップス、R&B、ジャズ。 とりあえず当たって砕けてから考えるタイプ。

-ドラムの練習
-

© 2022 関西ドラマーの音楽日記 Powered by AFFINGER5